So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

エサキモンキツノカメムシ 孵化してた [カメムシ目]

花が終わって実が膨らんできたこの時期のミズキの葉裏で、産んだ卵が孵化するまで守るメスの「エサキモンキツノカメムシ」の姿が見られる。
例年探しているが今年はその数が多く、葉表にも。
葉表は日差しや雨が直接あたり環境としては厳しいのだがそれでもここに産んだのは何故なのだろうか?

今日見ると卵が孵化して小さな幼虫たちが懐に。
無事に冬を越して産卵し、葉表の厳しい環境や外敵から無事卵を守り抜き次世代に命を繋いだこの母虫の役目も間もなく終わるだろう。
ご苦労様と声を掛けた。
エサキモンキツノカメムシ0625_1.jpg



















2017年6月25日 東京都 カメムシ目ツノカメムシ科 エサキモンキツノカメムシ

いよいよセミの季節! ニイニイゼミ ヒグラシ [カメムシ目]

昨日今日も梅雨の晴れ間、さすがに明日からは崩れるようだがやはり今年は空梅雨なのだろうか?
そんな中、先日セミの声を初めて聞いた。
ハルゼミの次の2番手は「ニイニイゼミ」。
チー ニー♪と岩に染み入る心地よい声。
今年は20日に初めて鳴き声を聞いたが、昨年は12日だったので1週間ほど遅い。
まぁ、これからあちこちでその声が聞かれるだろう!
ニイニイゼミ_1.jpg



















今日、日が暮れてからある虫を捕まえに行ったのだが、残念 見つけることが出来なかった。
その代わりにカナカナカナ♪と小高い山から聞こえてきた今年初めての「ヒグラシ」の鳴き声。
夕暮れ時に哀愁漂うこの声を聞くことが出来る家に住みたいとその昔思ったが、今だその夢は果たせていない。
まぁ、もう無理そうだが・・・。
ヒグラシ_1.jpg



















東京都 カメムシ目セミ科 ニイニイゼミ、ヒグラシ

何故か存在感を感じる オオシオカラトンボ [トンボ目]

田植えの終わった田んぼを見て回っていると、「オオシオカラトンボ」があちこちで見られた。

最も早くに現れたシオヤトンボもまだ健在で、次に現れたシオカラトンボとテリトリーを争っていた。
名にオオと付くが図鑑で見るとシオカラトンボと大きさはさほど変わらないようだ。
オオシオカラトンボ0614-1_1.jpg



















一見してシオカラトンボと異なるのは複眼の色で、シオカラトンボは青~緑色、オオシオカラトンボは茶色。
大きさは変わらないとはいえ何故か個人的にはオオシオカラの方が見た目の存在感を感じるのは、複眼も含めた濃い色のせいだろうか・・・。
オオシオカラトンボ0614-2_1.jpg



















2017年6月14日 埼玉県 トンボ目トンボ科 オオシオカラトンボ

切り株にシラホシナガタマムシ [コウチュウ目]

昨年伐採された切り株を見ていると初めて見るナガタマムシの仲間がいた。
よく見るのはクロナガタマムシだが、この日は緑色の前翅に白斑があった。
シラホシナガタマムシ0616-01_1.jpg






















地色の緑も美しいが、規則正しく並んだ4対の白斑がアクセントとなっている。
調べると白斑や大きさから「シラホシナガタマムシ」と思われる。
幼虫の食樹はエノキ、ケヤキなどで、この切り株はエノキだ。
シラホシナガタマムシ0616-2_1.jpg






















交尾しているのかと思ったが、マウントしているだけでまだ交尾には至っていなかったようだ。
腹部背面のblueも美しい。
ナガタマムシの仲間は種類も似たものも多いのでなかなか同定は難しいが、これからの時期切り株には注目だ!
シラホシナガタマムシ0616-3_1.jpg






















2017年6月16日 東京都
コウチュウ目タマムシ科 シラホシナガタマムシ

セアカツノカメムシの青がいい [カメムシ目]

久しぶりに交尾中の「セアカツノカメムシ」を見つけた。
背中の青色が美しい。
セアカツノカメムシ0614-1.JPG



















アリがちょっかいを出しに来たがお構いなし、アリはすぐに立ち去って行った。
セアカツノカメムシ0614-2.JPG





























少しすると、メスが葉裏に隠れようと動き出した。
腹部の状態、上の個体にハサミがあることがわかってオスとメスが判明。
オスはこのハサミでメスを挟んで交尾するらしい。
セアカツノカメムシ0614-3.JPG





























2017年6月14日 埼玉県
カメムシ目ツノカメムシ科 セアカツノカメムシ

イロハモミジにカノコガ [チョウ目]

林縁を歩いていると、イロハモミジの葉裏に「カノコガ」を見つけた。
翅の模様がシカの子、鹿の子の模様に似ていることからの命名。
昼行性で、これからの時期よく目にする種だ。
カノコガ0614_1.jpg



















2017年6月14日 埼玉県  チョウ目ヒトリガ科 カノコガ

今の季節 褐色は目立つ キクキンウワバ [チョウ目]

田んぼ脇の草はらに目を凝らしていると、緑色のイネ科の茎に褐色の何かがとまっていた。
キク科のタンポポやハルジオン、セリなどが幼虫の食草の「キクキンウワバ」だった。
キクキンウワバ0614-1_1.jpg



















黄色の斑は陽の当たり具合で金色に輝くのでキンと名が付いているよう。
この斑の色は周りの緑に溶け込むが、それ以外の褐色は今の時期かなり違和感があり目立ってしまう。
キクキンウワバ0614-2_1.jpg



















いい角度で撮ろうととまっている草を動かしていると、翅を小刻みに動かしてアイドリング開始。
僅かな時間のアイドリングであっという間に飛んで行ってしまった。
まぁ、お世辞にも飛ぶのがうまいとは言えないが・・・。
普通種だが、調べると今回が初撮影だった。
キクキンウワバ0614-3_1.jpg



















2017年6月14日 埼玉県
チョウ目ヤガ科 キクキンウワバ


子ガエル上陸 ニホンアカガエル [両生類]

埼玉側の小さな谷戸に行ってみた。
既に田植えが終わり、田んぼは水で満たされ稲が思った以上に生育していた。
都側の田んぼでは田植え後雨が降らず非常事態となっているのだが、同じ丘陵でも谷戸によってこうも違うとは・・・。
田んぼ0614_1.jpg





























稲の根元の浮草の間から、子ガエルがぴょこんと顔を出した。
今年生まれのアカガエル、大きさは小指の先ぐらいだろうか。
小さく力が弱いので、浮草を掻き分けて進めないのがもどかしくも可愛らしい。
アカガエル0614-0_1.jpg



















それでも掻き分け稲まで辿り着いて茎を登ってきた。

アカガエル0614-2_1.jpg





























少し高みの見物だろうか?
こちらもじっくり観察させてもらった。
足の指がこれまたたまらない!
小さいので難しいが、背中の2本の線や鼻先などから「ニホンアカガエル」だろうか。
アカガエル0614-1_1.jpg



















畔を歩くと草からひょっこり顔を出したのは「ヤマカガシ」の幼蛇。
長さは20cmほどあっただろう。
狙いは子ガエルたちのようだ。
こちらを見て逃げ出したがその逃げ足の速い事。

こんな敵に睨まれたら、まず逃げ切ることは出来ないだろう。
子ガエルの愛らしさについ味方してしまうが、どちらも生きるために一生懸命なのだ。
ヤマカガシ0614_1.jpg



















2017年6月14日 埼玉県
無尾目アカガエル科 ニホンアカガエル
有鱗目ナミヘビ科 ヤマカガシ


クリの葉裏に コイチャコガネ [コウチュウ目]

クリの花に来ている虫たちが脚光を浴びているが、食痕のある葉裏を探すと結構見つかる地味なコガネムシがいる。
名前も「コイチャコガネ」と地味だがまぁ見た目通りだろうか。
しかし、綺麗な薄いブルーの目がちょっとお気に入り。
コイチャコガネ0608-1_1.jpg



















意外に敏感で近づくとポロッと落ちるのでそっと近づかなければならない。
別の葉裏では、交尾中のカップルもいた。

小学館の甲虫図鑑を見ていると、石垣島や西表島には近縁のシャミセンコイチャコガネというのがいるらしい。
なんて面白い名前と思ったら、オスの爪が大きくバチ形をしているそうでそれが名前の由来かも知れない。
一度見てみたいものだ。
コイチャコガネ0608-2_1.jpg



















2017年6月8日 東京都
コウチュウ目コガネムシ科 コイチャコガネ

クリの木にナナホシテントウとそのそっくりさん クロボシツツハムシ [コウチュウ目]

クリの花はチョウをはじめガ、ハチ、アブ、カミキリムシにコガネムシの仲間など様々な虫が訪れる期間限定の五つ星レストラン。
独特の香りがOPENの合図だ。
花を見ていると「ナナホシテントウ」がご来店。
ナナホシテントウといえばアブラムシを食べる肉食だが、花?花粉も食べるのだろうか?
それともここにもアブラムシが潜んでいるのか?
ナナホシテントウ0608_1.jpg



















葉にもナナホシがと思ったら何か変!
よく見たら、そっくりさんの「クロボシツツハムシ」だった。
こちらは花ではなくクリの葉がご馳走だ。
ナナホシテントウに擬態することで外敵から身を守っているようだ。
クロボシツツハムシ0608_1.jpg



















2017年6月8日 東京都
コウチュウ目テントウムシ科 ナナホシテントウ
コウチュウ目ハムシ科 クロボシツツハムシ

前の10件 | -