So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

モズのペリット? [鳥類]

杭の上に何かを見つけた。
さて何?

当初動物の糞かと思ったが、細い杭の上ではちょっと不自然だ。
次に思いついたのは鳥のペリット。
ここで見られる鳥で可能性が高いのはカワセミかモズだが・・・。

塊を見てみると甲虫類の外骨格や脚が多く含まれている。
陽に輝いてまるで金属の塊のようにも見えた。
これらから、恐らくモズのペリットではないかと思うがどうだろうか?

ちなみにペリットとは、鳥が食べたものの中で消化されなかったもの(毛、骨、歯、鱗、昆虫類の外骨格など)を口から吐き出した塊の事。

モズのペリット0215_1.jpg



















2018年2月15日 東京都

nice!(1)  コメント(1) 

樹上越冬 アカボシゴマダラ幼虫 [チョウ目]

民家の庭の小さなエノキを探してみるといた「アカボシゴマダラ」の幼虫。
下の真ん中の陰になった細い木だ。
アカボシゴマダラ0215-1_1_1.jpg



















高さ1.5mほどの二股で越冬中。
このあたりではほとんどが木を降りて根元の落ち葉の下で越冬するのだが、時折降りずにこのように樹上で越冬する個体がいる。2008年ごろから姿が見られるようになり数年であっという間に数が増えあちこちのエノキの幼木に幼虫が見つかるようになったアカボシだが、今はすっかり落ち着いて探してもなかなか見つからない。
成虫も以前ほどは見かけなくなったと個人的に思う。
アカボシゴマダラ0215-2_1.jpg



















こうしてみると背中の突起はエノキの樹皮の突起に、体の緑色は木に付いた苔の色とそっくりだ。
元来ここにはいない生き物だが、人の手で放たれ生息域を広げながら見事に新天地で定着している逞しさには驚いてしまう。


そんなアカボシゴマダラだが、今年の1月15日環境省から特定外来生物に指定され、外来生物法により飼養、栽培、保管、運搬、放出、輸入、譲渡、販売等の規制の対象となった。

既に特定外来性物に指定された知られた種として、植物ではオオハンゴンソウやアレチウリ、ミズヒマワリなど、哺乳類ではアライグマ、ヌートリア、キョンなど、両生・爬虫類ではカミツキガメ、グリーンアノール、ウシガエルなど、昆虫類ではセイヨウオオマルハナバチ、ヒアリ、ツヤアカスズメバチ、同時に指定されたクビアカツヤカミキリなどだ。

どれも人の手によって日本に来た種であり彼らに罪はないのだが、その存在が在来の種や生態系に影響を及ぼすとなれば放っておくことは出来ない。命の重さを考えると辛いものがあるが、人がもたらした罪には誰もが責任を持たねばなるまい・・・。
アカボシゴマダラ0215-3_1.jpg



















2018年2月15日 東京都 チョウ目タテハチョウ科 アカボシゴマダラ

nice!(1)  コメント(2) 

朽ちた材の中から ボクトウガ幼虫 [チョウ目]

林縁に置かれていた朽ちた材をひっくり返してみると、大きな紫色の目立つイモムシがいた。
およそ5cm近くはあるだろう。
ボクトウガ0215-1_1.jpg



















久しぶりに見る「ボクトウガ」の幼虫だった。
この虫についてちょっと調べてみた。
ボクトウガの幼虫はクヌギやコナラに食い入り樹液を出すことで、それに集まってくる虫を自分の開けた穴に引き込み食べるというなかなか戦略的な肉食のようだ。
夏にカブトムシやオオムラサキが集まる昆虫酒場の多くは、この虫がOPENに関わっている可能性が高い。
いわゆる酒場のオーナーなのだ。他にもシロスジカミキリやスズメバチなどもオーナーと思われるのだが・・・。

幼虫の餌食になる虫はカブトムシやオオムラサキなどの大きな虫たちではなく、もっと小さなハエや体の柔らかな虫だと言われているが、たまに樹液に訪れたチョウの口吻を咥えて穴に引きずり込もうとする場面も目撃されているので酒場で油断は出来ないようだ。

そんな恐ろしい虫だが、冬は体の周りを糸で綴ってこんなところでじっと春を待っているとは知らなかった。
ボクトウガ0215-2_1.jpg



















この日は非常に暖かく、すぐに動き出して朽木の上を這いまわった。
こうしてみるとそのグロテスクさと大顎の様子は、いかにも肉食という存在感だった。
幼虫は何度も見ているが、成虫は一度もお目にかかったことが無い。
是非、見たい蛾の一種だ。
ボクトウガ0215-3_1.jpg





























2018年2月15日 東京都 チョウ目ボクトウガ科 ボクトウガ

nice!(1)  コメント(2) 

飛び立ったルリタテハ [チョウ目]

昨年末から観察していたクヌギの幹で越冬中の「ルリタテハ」。
今日は3月末の暖かさという予報で見に行った。
まだ同じ場所にいたが、僅かだが動いたようだった。
以前はこの位置からは翅先しか見えなかったから。
写真を撮っていると久しぶりに愛野緑さんとお会いした。
ルリタテハ0215-1_1.jpg



















何枚か撮っていると、翅を震わせ始めた。
おぉ!いよいよ飛ぶのか?
ルリタテハ0215-2_1.jpg





























少しして予想通り、飛び立って近くの草地に降りた。
飛ぶのは久しぶりとみえ、あまり長距離も飛べないようだった。

すぐに翅を開いて陽射しを翅一杯に。
翅裏ばかり見てきたが、初めてこの個体の綺麗な瑠璃色を見ることが出来た。
ルリタテハ0215-4_1.jpg



















そのうち翅を閉じて開かなくなったので手乗り出来るかなと手を出したところ、さっと飛び去ってしまった。
飛んだあとを目で追っていると、いきなり林縁からモズが飛び出してルリタテハに迫った。
共に見失ってしまったが、モズから逃れて無事な事を祈るしかない。
ルリタテハ0215-3_1.jpg



















2018年2月15日 東京都 チョウ目タテハチョウ科 ルリタテハ

nice!(1)  コメント(4) 

フユシャクではない ハイイロフユハマキ [チョウ目]

公園のトイレの壁で見つけたフユシャク?と思ったが、よく見ると「ハイイロフユハマキ」だった。
以前はフユシャクモドキという名だったが、今はいい名をもらったなぁと思う。
本命のフユシャクが見られなくても、何故かこの種に会えれば嬉しい!

このところ朝トイレの灯りに来ているフユシャクは、クロテンフユシャク、シロフフユエダシャク、ウスバフユシャクで新たな種は見られない。やはり夜回りをしなければ今シーズン未見の種には出会えないようだ。
ハイイロフユハマキ0213_1.jpg



















2018年2月13日 東京都 チョウ目ハマキガ科 ハイイロフユハマキ

nice!(1)  コメント(2) 

雪解けの白馬に 今年は・・・ [季節]

立春も過ぎて、いよいよ春が待ち遠しい!
昨晩は暖かい雨が降ったので、アカガエルたちが産卵したかと湿地を探したが見つからなかった。
もう少し楽しみは先にお預けだ。

いつもは丘陵の散策、たまには遠征したいと思っているがなかなか思うようにはいかないものだ。

昔よく訪れた早春の白馬。
NHKで著名な写真家が訪れた小さな集落。
昔の面影を今も残している風景を見たいと行ってみたが、番組を見て多くのアマチュアカメラマンがやって来てそのマナーの悪さにあちこちで看板が立てられていたのがとても残念だった。
田んぼの畔に立つ大きなコブシの木。
農家の人たちは、この木の花が咲くことで田植えの時期の目安にしたという、別名田打ち桜。
白馬青鬼集落2_1.jpg



















遠くに見える白馬の山々、1998年の冬季長野五輪に使われた白馬ジャンプ競技場も。
白馬青鬼集落1_1.jpg





























近くで見たいと行ってみた。
さすがに老朽化していたが、その角度たるやこんなところを滑り降りたのかとびっくりだった。
原田雅彦が印象的だったなぁ。
長野五輪_1.jpg



















白馬といえば雪形。
写してみたものの、ちょっと時期が遅かったよう。
朝5時頃から朝焼けに染まる山々を撮ったのだが、この写真で見られるのはペンギン(E.T)と不死鳥、雪解けでその姿はちょっと想像できないだろうな。
まずどこがそれなのか・・・?
今年は出来ればはっきりわかるように撮りたいと思うが、さて叶うだろうか?
白馬雪型_1.jpg












nice!(1)  コメント(2) 

虫が見つからない、抜け殻ばかり・・・ [季節]

少し時間があったので、小さな谷戸を一周してみた。
入口のイロハモミジの高い枝で見つけた「ウスタビガ」の綺麗な緑色の繭。
まぁ今の時期は既に羽化して成虫が出た後なので もぬけの殻だ。
今シーズンは抜けた繭に出会う機会が少なく、この繭に卵も見られなかった。
ウスタビガ0207_1.jpg



















ぐるっと回ったが木の幹や木柵上に期待したフユシャクのメスやコミミズクなども見つからず。
最後に見たコナラの樹皮でミノガの仲間の蓑があった。
形や大きさからクロツヤミノガだろうか?
よく見ると蓑のお尻の部分から蛹殻がのぞいているので、オスがすでに羽化して中はやはりもぬけの殻。
この日は羽化殻ばかり、ちょっと運が無かったようだ。
ミノガの仲間0207_1.jpg



















2018年2月7日 チョウ目ヤママユガ科 ウスタビガ、ミノガ科 クロツヤミノガ

nice!(1)  コメント(0) 

雪の後の楽しみはフィールドサイン [季節]

雪が降って積もった後の仕事は、新雪を踏みしめて歩くので時間がかかるうえに足が疲れるから大変だ。
そんな中での楽しみは、雪の上に付いた足跡 フィールドサインを探す事。

可愛い足跡は鳥たち。
種まではわからないが、付いた環境と大きさで推測するのが面白い。
これはアオジあたりかなぁ?
フィールドサイン鳥0202_1.jpg






















尾根道についていた四足の哺乳類の足跡。
イヌかタヌキかネコかアライグマか?

人の足跡が無いので飼い犬ではないし野良犬がいる場所ではないので特徴から恐らくホンドタヌキだろうと思う。
フィールドサインタヌキ0203_1.jpg






















谷戸の奥、普段草地の場所で見つけたのは特徴的な足跡。
これは間違いなくウサギ。
上が進行方向だ。
放たれたペットのウサギがいる可能性もあるので種の特定は難しいが、このあたりで自然に生息しているのはキュウシュウノウサギだろうか?
などと考えるのがなかなか楽しいのである。
フィールドサインウサギ0203_1.jpg





























2018年2月2、3日 東京都

nice!(1)  コメント(0) 

2015年の2月7日は [季節]

今日は休み、降雪後の仕事の疲れを癒してまったり。
散髪や水が浸み込んだ長靴を買い替え、ちょっと越冬中のルリタテハの様子を見に行ったりしたが、おおむね動きは低調だった。
いい写真も撮れなかったので、過去の2月7日に撮った写真を見返した。

2015年、3年前は都立浅間山公園の野鳥観察会に参加していた。
多磨霊園から浅間山公園までの間を歩いて冬鳥を観察するイベント、この年の前3年間は主催者側として携わったがこの年初めて参加者として野鳥観察。
気楽に参加と思ったが、つい主催者目線で見てしまったのを思い出す。
ワカケホンセイインコとオナガ、環境を反映する2種も記憶に残る。
浅間山野鳥観察会1_1.jpg



















愛想のいいジョビコも可愛かったなぁ!
この後もここに来ているのだろうか?
浅間山野鳥観察会2_1.jpg



















前日の丘陵東端の職場からの夕景がとても綺麗だったので・・・。
RIMG3851_1.jpg






















nice!(1)  コメント(2) 

雪に耐えて ルリタテハ [チョウ目]

今年2度の雪に見舞われ私はもうへとへとだが、そんな中クヌギの幹で越冬している「ルリタテハ」は何事も無かったかのように同じ場所にいた。

この冬、定点観察していたウラギンシジミ2頭は最初の雪で、2度目の雪の後ヒナバッタも姿を消した。
残るルリタテハは今だに頑張っている。
オオイヌノフグリやホトケノザも開花して、春はそこまで来ている。
もう少し頑張れ!
ルリタテハ0202_1.jpg






















2018年2月2日 東京都 チョウ目タテハチョウ科 ルリタテハ

nice!(2)  コメント(3) 
前の10件 | -