So-net無料ブログ作成

ウスタビガに寄生したものは? [自然]

雑木林のイロハモミジの枝先にヤマカマス、ウスタビガの繭を見つけた。
今の時期はすでに羽化してもぬけの空だが、持つとずっしりと重い。
何かいるな?
職場に持ち帰って繭を開いて見たら小さな蛆虫が転げ出て、さらに数匹が見えた。
皆、恐らく食い尽くしたであろう蛹と繭の間に留まっているようだ。
ウスタビガ寄生0218-1_1.jpg



















転げ出た1匹を見ると はて、これはハエかハチか?
知識が無く幼虫では判断が付かないので、開いた繭を閉じて何が出てくるか経過観察をすることに。
開いてしまった事が羽化に影響するかちょっと心配だが、まぁ待つとしよう。

*昆虫写真家 新開孝さんから「ヒメバチの一種ではないか。以前エゾマツフシオナガヒメバチが寄生していたことがありますが、10匹前後が共同繭を作っていた」とのコメントをいただいた。
ウスタビガ寄生0218-2_1.jpg



















以前に繭の一部を食い破ったまま死んでしまったハチは大きくて一つの繭に1頭だった。
ウスタビガ寄生-3_1.jpg



















2017年2月18日、2013年4月12日 東京都
RICOH WG-4、EOS50D,EF100mm F2.8L IS USM /MT-24EX

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

ぜふ

何が出るか楽しみですね^^
アカガエルの卵、観察できました。オタマもいました♪
次回記事化します。
by ぜふ (2017-02-21 22:49) 

hirokou

ぜふさん コメントありがとうございます。
こちらでも昨日初めてヤマアカガエルの卵塊が確認されました。
オタマ早いですね!
by hirokou (2017-02-22 19:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0