So-net無料ブログ作成
検索選択

水面のブルー ホソミイトトンボ [トンボ目]

ゴマダラチョウの幼虫がいた谷戸の池を見ていると、鮮やかなブルーの小さなイトトンボを見つけた。
青いイトトンボ、このあたりで見られるとすれば、ホソミオツネントンボかホソミイトトンボだ。
小さいのですぐに見失ってしまう。

池の脇にじっくり座って観察していると、近くに飛んで来た。

その姿をじっくり確認すると「ホソミイトトンボ」だった。
ここでは個人的に初確認だ。
ホソミイトトンボ0503.JPG



















ホソミイトトンボは成虫越冬で越冬中は雑木林に移動して体色が褐色だが、春に水域に戻ってきてオスメス共に青色に変わる。成虫越冬する越冬型と初夏に羽化する夏型がいる。夏型は緑色みが強いようだが見たことが無い。
狭山丘陵でも生息数は少なく、見られる場所も限られていると思う。
埼玉県ではレッドデータリストで絶滅危惧Ⅰ類に指定されている。
ホソミイトトンボ0503-2.JPG





























個体数が多い場所では集団で交尾、産卵するシーンが見られるようだが、ここでしばらく観察していたがこの個体以外見つけることは出来なかった。
自然界におけるブルーは様々だが、ホソミイトトンボのこの色も春から初夏にかけての新緑の中でハッとする美しい希少な自然色だ。
ホソミイトトンボ0503-1.JPG



















2017年5月3日 埼玉県
トンボ目イトトンボ科 ホソミイトトンボ
CANON EOS70D EF100mm F2.8L IS USM、EOS50D EF70-200mm F2.8 L IS USM/EXTENDER EF 1.4×Ⅱ

ゴマダラチョウ幼虫 その後 [チョウ目]

4月30日に見つけた、大きなエノキの木の根元のゴマダラチョウの終令幼虫が気になって見に行った。
幹を登って枝先で蛹化しているなら見つからないなと思って現場を訪れてみると、何とほとんど変わらぬ場所で蛹化していた。
ゴマダラチョウ0503-1_1.jpg



















まぁ、あの状態でさらに枝先まで登ることはないかなぁと思っていたので想定内だったが、そもそもこんな根元にいたことが不思議だ。
何はともあれ蛹になれたので、無事に羽化して欲しいものだ。
このゴマダラチョウ、オオムラサキ、アカボシゴマダラの3種の中では、年によってはオオムラサキより出会う機会が少ないことも多い。
今年の夏は、どれくらい見ることが出来るだろうか?
この蛹の状態を時々見に来よう!
ゴマダラチョウ0503-2_1.jpg



















2017年5月3日 埼玉県
チョウ目タテハチョウ科 ゴマダラチョウ  
CANON EOS70D EF100mm F2.8L IS USM、EOS50D EF70-200mm F2.8 L IS USM/EXTENDER EF 1.4×Ⅱ