So-net無料ブログ作成
コウチュウ目 ブログトップ
前の10件 | -

幼虫は陸生のクロマドボタル [コウチュウ目]

暗い林内の葉上にいた「クロマドボタル」のオス。
今はゲンジボタルの発生時期だが、一般的にはあまり知られていないホタルの仲間たちも見られる。
クロマドボタルは谷戸や小川沿いの林で見られ、ゲンジやヘイケと違って幼虫時代を陸で過ごし幼虫は夜行性で主に陸生の貝類を食べている。
成虫、幼虫共に発光する。
クロマドボタル0617-1_1.jpg



















頭近くの胸にある1対の透明な斑を窓に見立てて名付けられたようだ。
メスは翅が無いそうでぜひ見てみたいが難易度は高そうだ。
クロマドボタル0617-2_1.jpg



















2018年6月17日 東京都 コウチュウ目ホタル科 クロマドボタル

nice!(1)  コメント(0) 

イモサルハムシ チャバネツヤハムシと食草 [コウチュウ目]

歩いているとあちらこちらで虫の姿が。

探さなくても見つかるいい季節になって来た。

葉の上の小さな甲虫はハムシの仲間が多い。
すっかり老眼が進み、裸眼では小さな点のようにしか見えないがファインダーを覗くと特徴的な形や色がよくわかる。
ハムシの仲間は成虫も幼虫も食草がほぼ決まっていて、食べている植物から種を特定できるのでありがたい。
身近な植物を知ることがハムシの仲間を知る近道だとも思う。

ジンガサハムシを探していたヒルガオで見つけた緑色のメスと銅色のオスが交尾していた「イモサルハムシ」。
名の通り、イモやヒルガオの仲間に付くサルハムシだ。
イモサルハムシ0614_1.jpg



















別の場所でも銅色の個体を見掛けた。
ハムシの仲間には同じ種でも色の変異があるものがいる。
イモサルハムシ0614-1_1.jpg



















花が咲き始めたガガイモの葉には、透き通った褐色の前翅が美しい「チャバネツヤハムシ」がいた。
食草はガガイモやヘクソカズラだ。

ハムシの種を特定するのに重宝していたハムシハンドブックが見当たらない。
観察会などに持ち出していたのでどこかで紛失したのかも・・・。
探してなければ買わなければである(泣
チャバネツヤハムシ0614_1.jpg



















2018年6月14日 東京都 コウチュウ目ハムシ科 イモサルハムシ、チャバネツヤハムシ

nice!(1)  コメント(0) 

ハスジカツオゾウムシ危うし? [コウチュウ目]

葉上にアリにたかられたゾウムシを見つけた。
色は黒いが「ハスジカツオゾウムシ」のようだ。
ハスジカツオゾウムシ0614-1_1.jpg



















特に傷ついているようにも見えず弱っているのかと見ていたが、確かに動作は緩慢だがしっかり葉を掴んでいてそんな風には見えない。
少しの間観察したが、一向にアリたちは立ち去らない。
ハスジカツオゾウムシ0614-2_1.jpg





























なぜアリたちはこの個体を執拗に襲うのか?
襲っているのではないのか?
アリのみぞ知るということか・・・。
ハスジカツオゾウムシ0614-3_1.jpg





























2018年6月14日 東京都 コウチュウ目ゾウムシ科 ハスジカツオゾウムシ

nice!(0)  コメント(0) 

地味ながら美しい ムツボシタマムシ [コウチュウ目]

以前、伐った木を置いている場所を教えていただき、時々足を運んでいる。
いつもいる常連の「ムツボシタマムシ」。
タマムシの仲間は似たものも多くいるが、手持ちの図鑑で見る限りこの種でいいだろう。
大きさは1cm程と小さくちょこまかと歩き回るので非常に撮りずらい。
ムツボシタマムシ0614-1_1.jpg



















赤紫の前翅の肩に小さな1対の丸い斑と、その後ろに大きめの丸い2対の斑が並ぶ。
たまたま静止してくれたので、近づいて撮ることが出来た。
ムツボシタマムシ0614-2_1.jpg



















角度を変えてよく見ると、緑や黄色に赤などの煌めきが地味に美しい美麗種だった。
タマムシサイズならば、見ごたえがあるだろうに!
ムツボシタマムシ0614-3_1.jpg



















2018年6月14日 東京都 コウチュウ目タマムシ科 ムツボシタマムシ

nice!(0)  コメント(2) 

昆虫酒場にヒラタクワガタ [コウチュウ目]

あちこちでコナラの昆虫酒場がオープンしている。
その一つを見てみると、スズメバチの仲間たちが陣取っていた。
オオスズメバチ、コガタスズメバチ、ヒメスズメバチだ。
この少し前にはチャイロスズメバチも訪れていた。
スズメバチ0612_1.jpg






















少しするとクワガタがやって来た。
コクワガタかと思ったが、やけに大きい。
大顎の突起の位置から「ヒラタクワガタ」のようだ。
ヒラタクワガタ0612-1_1.jpg






















ここでヒラタクワガタは見たことが無かったので、予想外の嬉しい成果だった。
ヒラタクワガタ0612-2_1.jpg






















2018年6月12日 東京都 ハチ目スズメバチ科 オオスズメバチ、コガタスズメバチ、ヒメスズメバチ、コウチュウ目クワガタムシ科 ヒラタクワガタ

nice!(0)  コメント(4) 

薪にキイロトラカミキリ [コウチュウ目]

伐採した木を薪にして積んだ薪場。
その昔はあちこちでこんな風景が見られたのだろう。
里山の雑木林は、15-20年のローテーションで切られて人々の生活の糧となった。
そのお蔭で若い林から老熟した林まで様々な環境があり、それぞれを好むたくさんの生き物たちが見られただろう。
燃料革命以降、里山の雑木林はすっかり役割を失い全国的に老熟した林ばかりになってしまった。
薪0531_1.jpg



















積まれた薪に何かいないかと見ていると、小さなカミキリムシが目に付いた。
裸眼ではよくわからなかったが、ファインダーを覗くと「キイロトラカミキリ」だった。
キイロトラカミキリ0531-1_1.jpg



















図鑑を見るとクリの花や広葉樹の枯れ木に集まるそうだ。
探すと2頭が見つかった。
脚が長いので注意しないと脚先がフレームアウトしてしまう。
キイロトラカミキリ0531-2_1.jpg



















トラカミキリの仲間はあわただしく歩き回り撮影するのに苦労するが、この日は共にじっとしていてくれた。

クリの花が咲き始めたので、花でまた出会えるかもしれない。
キイロトラカミキリ0531-3_1.jpg



















2018年5月31日 埼玉県 コウチュウ目カミキリムシ科 キイロトラカミキリ

nice!(2)  コメント(2) 

ジョウカイボンの仲間では深い青が美しい アオジョウカイ [コウチュウ目]

湿地の葉上からこちらを見ているちょっとコミカルな顔の虫。
アオジョウカイ0531_1.jpg



















正面からよく見ると大きな顎があることから肉食性がうかがえ、コミカルな顔からは想像できない小さな虫たちにとっては天敵だ。花粉なども食べるところがちょっと愛らしいか。
体長2cmほどで深い青と胸を縁取る黄色のコントラストが美しい「アオジョウカイ」。
ジョウカイボンという虫の仲間で、分類的にはホタルの仲間に近く前翅なども柔らかい。
アオジョウカイ0531-1_1.jpg



















ジョウカイボンの仲間は大小非常に多いがまだはっきりとした同定がなされていないものもあり、研究者に期待したい虫の1種で個人的にはジョウカイボン図鑑がぜひ欲しい。
アオジョウカイ0531-2_1.jpg



















こちらがよく見るご本家の「ジョウカイボン」。
変な名前の由来はこちら
ジョウカイボン_1.jpg



















2018年5月31日 埼玉県 コウチュウ目ジョウカイボン科 アオジョウカイ

nice!(1)  コメント(2) 

雨の上がった湿地まわりで [コウチュウ目]

週の半ばの休みにはこのところ毎週雨が降り、来週もと予報を見てがっくり・・・。

雨の止んでいる午前中、湿地に行ってみた。
湿地ではヨシがグングンと成長し、そろそろオオヨシキリの声が聴かれそうだ。
湿地0531_1.jpg



















草の間のXの隠れ帯はコガネグモの仲間の網、水回りでよく見られるのはナガコガネグモだが隠れ帯は直線が多い。
背を向けているので断定できないが、チュウガタコガネグモではなかろうか。
チュウガタコガネグモ0531_1.jpg



















葉上で多く見られたのは、見事な触角が目にとまる「ヒゲナガハナノミ」のオス。
幼虫は水中や泥の中に生息し成虫は水辺で見られる。
ヒゲナガハナノミ0531-1_1.jpg



















生活史やその形、現れる時期も同じ頃なのでホタルに近い仲間と思われる。
ヒゲナガハナノミ0531-2_1.jpg



















ススキの葉上で見つけたホタル。
ヘイケボタルかと思ったが小さい。
ムネクリイロボタル0531-2_1_1.jpg



















真上から見ると、左の触覚が途中で切れた「ムネクリイロボタル」だった。

この蛍の幼虫は陸上で生活する。落ち葉の下や浅い土の中で陸生貝やミミズなどを食べている。
オスメス共に発光器を持ち僅かに発光するらしいが、光るのをまだ見たことが無い。
日本のホタルの仲間は54種(亜種含む)いるが水中で生活するのは、ヘイケボタル、ゲンジボタル、クメジマボタルくらいでほとんどが陸上生活だ。
ムネクリイロボタル0531-1_1.jpg



















2018年5月31日 東京都 クモ目コガネグモ科 チュウガタコガネグモ、コウチュウ目ナガハナノミ科 ヒゲナガハナノミ、ホタル科 ムネクリイロボタル

nice!(1)  コメント(0) 

ハルジオンとアオハナムグリ [コウチュウ目]

春からあちこちで白い花を咲かせているハルジオン。
ヒメジョオンの花が咲き始めそろそろバトンタッチだろう。

少し前のハルジオンの花で見掛けた「アオハナムグリ」。
花に来るハナムグリの仲間では鞘翅に毛が多いコアオハナムグリがメジャーだが、それより一回り大きく鞘翅にほとんど毛が無く体が紫色なのがアオハナムグリだ。
アオハナムグリ0515-1_1.jpg



















他にもよく似たナミハナムグリやキョウトアオハナムグリ、ホソコハナムグリなどがいるようだがまだ出会ったことが無い。
というより見ていても識別出来ないでいるだけかもしれない。
たかがハナムグリなれど奥は深いものだ・・・。
アオハナムグリ0515-2_1.jpg



















2018年5月15日 コウチュウ目コガネムシ科 アオハナムグリ

nice!(1)  コメント(0) 

産卵していたオオアカマルノミハムシ [コウチュウ目]

センニンソウの葉で見つけた赤くて丸い「オオアカマルノミハムシ」。
この植物の葉を食べる常連だ。
おやっ、お尻の先に光るものが!
オオアカマルノミハムシ0517-1_1.jpg





























よく見るとどうやら卵を産んでいる最中?
葉の上に貼り付けられたような艶のある淡いレモン色の卵。
こちらに警戒したようで、そそくさと葉の縁から裏へ逃げて行った。
大事な時にゴメンね。
オオアカマルノミハムシ0517-2_1.jpg



















2018年5月17日 コウチュウ目ハムシ科 オオアカマルノミハムシ

nice!(1)  コメント(0) 
前の10件 | - コウチュウ目 ブログトップ