So-net無料ブログ作成
カメムシ目 ブログトップ
前の10件 | -

カエルのつば シロオビアワフキ [カメムシ目]

小川沿いを歩いていると、川の反対側を歩いているご夫婦の会話が聞こえてきた。
ご主人が「あの白いのは何だろう?」すると奥さんが「カエルの卵よ」。
ちょっと気になって見ると、それはアワフキムシの幼虫の巣だった。
勘違いされたままだと何だな~と思い、大きなお世話かと思ったがその旨説明して差し上げた。
奥さんはモリアオガエルの卵と思ったようだったが、ここにはおらず泡の大きさも全く違っていた。
カエルのつば0614_1.jpg



















その昔、このアワフキムシの幼虫の巣の事を「カエルのつば」と聞いたことがあった。
いったいいつ、どこで、誰からかは全く覚えがないが、毎年見るたびに「あっ、カエルのつばだ!」と思ってしまう。
大きさからすれば卵よりつばのほうが現実味があるかもしれない。
近くに成虫となった「シロオビアワフキ」がいた。
そろそろこの泡も見納めだろうか?
シロオビアワフキ0614_1.jpg



















帰りに高さ3mほどのヤナギの葉上に「シュレーゲルアオガエル」を見つけた。
良くもこんな高さに登ったものだと感心してしまった。
シュレーゲルアオガエル0614_1.jpg



















2018年6月14日 東京都 カメムシ目アワフキムシ科 シロオビアワフキ、無尾目アオガエル科 シュレーゲルアオガエル

nice!(2)  コメント(2) 

ヨモギヒメヒゲナガアブラムシ?とアリ [カメムシ目]

湿地の畔のいくつものヨモギに土の粒の塊が付いていた。
なに?
こんな粒を使うのはアリのしわざか?
なんのため?
ヨモギヒメヒゲナガアブラムシ0613-1_1.jpg



















気になったので悪いと思ったが崩してみた。
このドームの中は空洞で、何も入っていない。
よく見ると茎にアブラムシたちがいた。
ヨモギヒメヒゲナガアブラムシ0613-2_1.jpg



















観察していると、アリが行ったり来たりしてアブラムシにまとわりついている。
やはりこの土粒のドームはアリのしわざで間違いないようだ。
ヨモギに付くアブラムシは数種いる。
調べたところ、一番近そうなのが「ヨモギヒメヒゲナガアブラムシ」と舌をかみそうな名前。
それにしてもこのドーム、アブラムシたちを囲ってドームの中で彼らを飼っているようにも思える。
ドームのどこかにアリの出入り口があったかどうかは確認し損なった。
ヨモギヒメヒゲナガアブラムシ0613-3_1.jpg



















2018年6月13日 東京都 カメムシ目アブラムシ科 ヨモギヒメヒゲナガアブラムシ?

nice!(1)  コメント(2) 

エノキの葉上にオオモンキカスミカメ [カメムシ目]

歩けば虫が見つかる季節になって来た。
エノキの木は多くの虫たちのお気に入りで、注目の木の一つだ。
目線より上のエノキの葉上を見ていたら、姿、形からカスミカメムシの仲間と思われる赤い虫を見つけた。
今まで見たことが無かったので、数枚撮っておいた。
オオモンキカスミカメ0514-1.JPG



















帰ってnetで調べると、どうやら「オオモンキカスミカメ」のようだ。
手持ちの図鑑には記載が無く、全農教の日本原色カメムシ図鑑なら載っているだろうが残念ながら持っていない。
以前は職場にあったのだが・・・。
山地性で、世界・日本産カスミカメムシの仲間では最大級の1種だという。
カスミカメムシの仲間としては、エノキの葉の大きさと比べても確かに大きい!
幼虫らしき個体もいたが撮らずじまいだった。

明日また見に行こう!まだいるかなぁ?
オオモンキカスミカメ0514-2.JPG



















2018年5月14日 東京都 カメムシ目カスミカメムシ科 オオモンキカスミカメ

nice!(2)  コメント(2) 

健康食品? クリオオアブラムシの卵 [カメムシ目]

冬の間、観察対象に困る。
色々な場所をじっくりと時間をかければ様々な生きものが見つかるのだろうが・・・・。
そんな今の時期に見られものの一つが、「クリオオアブラムシ」の卵塊。
クリをはじめコナラやクヌギで初冬に群がって産卵する。
クリオオアブラムシ0220-1_1.jpg





























産んだばかりの時は艶のある赤っぽい色だが時間が経つと真っ黒になる。
じっと見ていると、なんかこんな健康食品があったなぁと思うのであった!
クリオオアブラムシ0220-2_1.jpg



















2017年2月20日 埼玉県 カメムシ目アブラムシ科 クリオオアブラムシ

nice!(1)  コメント(0) 

顔を出したアオモンツノカメムシ [カメムシ目]

ラクダムシの幼虫を見つけたヒノキの近くにあったスギの木の根元の樹皮もめくってみた。
幹に張り付いていたのは、ツヅミミノムシと呼ばれるマダラマルハヒロズコガの幼虫の巣。
さて、中に幼虫がいるのか見て見たかったがさすがに可愛そうでそのまま樹皮を戻しておいた。
マダラマルハヒロズコガ0220_1.jpg



















他の場所も見るとあちこちにツヅミミノムシ。
その一つを見ているとすぐ脇の樹皮の下から、誰だ?寝ているところを起こしやがって!とでもいいたそうに顔を出したカメムシの仲間。
この顔だけでは何カメムシかわからなかった。
アオモンツノカメムシ0220-1_1.jpg



















そのうちのっそり姿を現したのは「アオモンツノカメムシ」だった。
すぐ上に樹皮にはキイロテントウの姿も。
みんな寒さを凌いでいるところを失礼しました。
間もなく暖かな春がやって来るのでもう少し頑張って!!

この度、ページのサイドバーにメールフォームを設置いたしました。種名や記事内容の間違い、ご意見や問い合わせなどにご利用いただければと思います!
アオモンツノカメムシ0220-2_1.jpg



















2018年2月20日 埼玉県 チョウ目ヒロズコガ科マダラマルハヒロズコガ、カメムシ目ツノカメムシ科 アオモンツノカメムシ、コウチュウ目テントウムシ科 キイロテントウ

nice!(1)  コメント(2) 

朽木の下からアカシマサシガメ [カメムシ目]

ひっくり返した朽木に大きめで赤い色が目立つ生き物がいた。
胸の赤い部分に黒線が入りそこが艶のある筋肉モリモリのように見えてちょっとグロテスクな「アカシマサシガメ」。
人面に見えなくもない。
アカシマサシガメ0120-1_1.jpg



















調べると地表性でダンゴムシやワラジムシなどの土壌動物を餌としている。
普段朽木の下などはほとんど見ないので、出会う機会が少ないわけだ。
餌となる生き物がいるこういった場所にシーズン中もいるに違いない。
夏にも探してみよう!
アカシマサシガメ0120-2_1.jpg



















2018年1月20日 東京都 カメムシ目サシガメ科 アカシマサシガメ




nice!(1)  コメント(2) 

真冬のアブラゼミ [カメムシ目]

今日で仕事納め、あと数日で新しい年がやって来る。
今年は大掃除も全くしていない、年賀状も書いていない。
例年になく珍しく普段と変わらぬ日々を過ごしているがそろそろ重い腰を上げないと。

そんな時期にふとヤマザクラの幹で「アブラゼミ」を見つけた。
こんな真冬にセミ!

見ると翅に傷みもない完品だ。
今にもジワジワジワ♪と鳴き声が聞こえてきそうだが、まぁそんなはずもあるまい。
よく見ると複眼は茶色に変色し、脚には白いものが。
恐らく菌におかされて死んでそのままの姿で残ったのだろう。


少し高い場所だったので、採らずそのままに。

12月の終わり、綺麗なセミの姿にびっくりだ。
アブラゼミ1228.JPG



















2017年12月28日 東京都 カメムシ目セミ科 アブラゼミ

nice!(1)  コメント(4) 

クヌギカメムシの仲間はややこしい [カメムシ目]

いよいよ虫が少なくなってきた。
この時期よく見かけるのがクヌギカメムシの仲間。
この仲間、クヌギカメムシ、ヘラクヌギカメムシ、サジクヌギカメムシと3種がいる。
識別は、オスメス共に気門が黒いのがクヌギカメムシ。
黒くないのがヘラとサジでこの2種のオスは交尾器で確認できるが、メスは単独では識別不能らしい。

擬木柵上で交尾をしていたのを見つけた。
メスのお腹は今にもはちきれそう。
気門を見ると黒くないのでヘラかサジのどちらかだ。
クヌギカメムシの仲間1128_1.jpg



















クヌギの幹には既に卵塊が産み付けられていた。
産卵しているところは確認できなかったが、昨年この木に産み付けていた3個体はすべてクヌギカメムシだった。
なのでこれもクヌギの可能性が高い。

毎年産卵を確認しているクヌギを見て回っているが、産卵個体や卵塊があまり見られない。
個体数が少ないのか、まだこれからなのか、もう少しチェックして見よう!
クヌギカメムシの卵塊1201_1.jpg



















2017年11月28日、12月1日 東京都 カメムシ目クヌギカメムシ科 クヌギカメムシ.sp

nice!(1)  コメント(0) 

両肩の角がかっこいい! トホシカメムシ [カメムシ目]

久しぶりに狭山湖の中の散策路を歩いた。
少し前まで土砂崩れのため通行禁止だったが、復旧して通れるようになっていた。
両側フェンスに囲まれていて中には入れないのが残念だ。
フェンスの奥にイロハモミジの大きな木が真っ赤に色付いていた。

イロハモミジ1129_1.jpg



















フェンスに大きなカメムシがいた。
両肩の前方に突き出た角が大きくてとてもかっこいいが、今まで見たことが無い種だった。
右の前翅が途中で切れて痛々しい。
トホシカメムシ1129-1_1.jpg



















図鑑で調べるとカメムシ科に属し山地性の「トホシカメムシ」のようだ。
前胸背と小楯板に10個の黒斑があるのが特徴。
こんな大きな角を持っているのでてっきりツノカメムシ科と思ったが・・・。
トホシカメムシ1129-2_1.jpg



















2017年11月29日 埼玉県 カメムシ目カメムシ科 トホシカメムシ

nice!(1)  コメント(0) 

アオモンツノカメムシ 集まる [カメムシ目]

皆伐された雑木林のムラサキシキブの実生の先端に黒い塊を見つけたのは19日の事。
寄って見るとその塊はカメムシの幼虫だった。
葉の裏には成虫の姿も。

今日もいるかと日が陰った頃にその場に行ってみるとまだいた。
アオモンツノカメムシ1121-1_1.jpg



















塊は「アオモンツノカメムシ」のようだった。
幼虫だけでは同定が面倒だが、成虫も混じっているので間違いないだろう。

個人的には普段あまり見かけない種だ。
図鑑によると主にウコギ科やモミジ、ヤツデ、タラノキ、キヅタなどに寄生するが、ムラサキシキブの記載はない。
たまたまなのか?
ムラサキシキブには既に独特の冬芽が出来て越冬準備が出来ていた。
アオモンツノカメムシ1121-3_1.jpg



















葉の裏には成虫が集まっている。
共に越冬環境としては温度差も大きく風も当たるので適した場所とは思えない。
アオモンツノカメムシ1121-2_1.jpg



















別の葉の何かが糸で綴った隙間にも2頭の成虫がいたが、この葉も間もなく落葉するだろう。
冬本番までには別の場所に移動するのか、今後様子を見てみたい。
このカメムシ、越冬形態が卵、幼虫、成虫とすべてのステージが確認されているようで不思議!
アオモンツノカメムシ1121-4_1.jpg



















2017年11月21日 東京都 カメムシ目ツノカメムシ科 アオモンツノカメムシ

nice!(1)  コメント(0) 
前の10件 | - カメムシ目 ブログトップ