So-net無料ブログ作成
カメムシ目 ブログトップ
前の10件 | -

タテスジグンバイウンカ [カメムシ目]

ジュズダマの葉裏をめくってクロコノマチョウの幼虫を探していると緑色の小さなウンカの仲間がいた。
大きさは10mm弱、綺麗な薄緑色の体、透明な翅に褐色のラインが美しい。
タテスジグンバイウンカ1005-1_1.jpg



















図鑑や他の方のサイトでは見たことがあったが、fieldで見るのは初めての「タテスジグンバイウンカ」。
古い図鑑ではタテスジウンカとなっているので名前が変わったのだろう。
タテスジグンバイウンカ1005-2_1.jpg



















ススキに付くそうだがたまたまいたのか、同じイネ科のジュズダマにも付くのだろうか?
今回手抜きして撮ってしまったがよく見るとつぶらな瞳も魅力的!

もう一度しっかり撮り直したい虫だ。
タテスジグンバイウンカ1005-3_1.jpg



















2017年10月5日 東京都 カメムシ目グンバイウンカ科 タテスジグンバイウンカ

nice!(1)  コメント(0) 

かっこいい! マエグロハネナガウンカ [カメムシ目]

ホオノキ実生の葉の裏に、透明な翅を見つけた。
光を受けて輝きがなかなか美しい。
マエグロハネナガウンカ0903-3_1.jpg






















葉を裏返してみるといたのは、ハネナガウンカの仲間。
最も知られているのは面白顔のアカハネナガウンカだが、他にも色々いるのだ。
これは「マエグロハネナガウンカ」。
名の通り前翅の縁が黒いのがかっこよく、似たものにウスマエグロハネナガウンカがいる。
マエグロハネナガウンカ0903-2_1.jpg






















さすが、ハネナガウンカの仲間だけあって面白顔は変わらない。
マエグロハネナガウンカ0903-1_1.jpg



















2017年9月3日 東京都 カメムシ目ハネナガウンカ科 マエグロハネナガウンカ

nice!(2)  コメント(2) 

アカスジキンカメムシ幼虫 集まる [カメムシ目]

コナラの葉を見ていると「アカスジキンカメムシ」の幼虫がいた。
何故ここに?
アカスジキンカメムシ0824-1_1.jpg



















その理由はすぐに判った。

隣にあったのはコブシの木。
コブシを探すと葉にいくつもの幼虫が。
おっきい、中くらい、小っちゃい。
さて、小っちゃいのはおっきいのに何を相談しているのか?
聞けるものなら聞いて見たい!
アカスジキンカメムシ0824-2_1.jpg





























2017年8月24日 東京都 カメムシ目キンカメムシ科 アカスジキンカメムシ

nice!(1)  コメント(2) 

日本の夏の風物詩 ヒグラシの鳴き声 [カメムシ目]

初夏、ニイニイゼミに続いて鳴きだす「ヒグラシ」。
夕暮れ時、カナカナカナ♪と聞きなしされる物悲しい鳴き声は日本の夏を代表する風物詩だ。
名の由来も日暮れに鳴く、日を暮れさせるもの。
実際は、早朝、夕暮れ、日中でも気温の低い曇り空に鳴く。

昔、山地でキャンプしていた時に早朝このセミの鳴き声で目を覚ました。
まるでテントが鳴き声で包まれたかのようでとても幻想的だったのが今でも記憶に刻まれている。
関西では山地に行かないとその声は聞かれないが、関東では低地でも身近に聞かれるのが嬉しい。

まだもう少し、この声を聞いていたい。
この声に包まれて死ねるなら本望かもしれないと、ふと思った。
ヒグラシ0810_1.jpg





























2017年8月10日 東京都 カメムシ目セミ科 ヒグラシ

nice!(1)  コメント(2) 

ハゴロモ三兄弟+はとこ 現る [カメムシ目]

何かいないかと林縁の植物を見ているとクワの木にいた「ベッコウハゴロモ」。
大きさは1cmほどだがセミに近い仲間で、注射器のような口で植物の汁を吸うところはまさしくセミのようだ。
ベッコウハゴロモ0803_1.jpg



















ベッコウハゴロモには大きさも同じくらいのよく似た三兄弟がいる。
ベッコウが長男とすれば翅が透き通っていてそれが名前となった次男の「スケバハゴロモ」。
スケバハゴロモ0803_1.jpg



















翅の縁中央に白斑がある三男の「アミガサハゴロモ」。
見た目は最も地味である。
この3種は頭と前胸背だけ見れば区別がつかないくらいにほんとによく似ている。
どれが長男で二男、三男かは皆さんの主観で!
アミガサハゴロモ0803_1.jpg



















三兄弟の仲間で、見た目も異なる事からいとこにあたるか?という「アオバハゴロモ」もよく見かけるようになった。
ハトという別名もあることから'はとこ'かもしれない・・・。
毎年それぞれの名前を思い出すのに一苦労し、幼虫時代も似ているのでややこしい仲間たちだ。
アオバハゴロモ0803_1.jpg



















2017年8月3日 東京都 カメムシ目ハゴロモ科 ベッコウハゴロモ、スケバハゴロモ、アミガサハゴロモ、アオバハゴロモ

nice!(1)  コメント(2) 

遅れて産卵も無事孵化 エサキモンキツノカメムシ [カメムシ目]

小川のほとりを見ていると、花の終わったドクダミの葉にホタルがいた。
ヘイケかとカメラを向けたものの何か微妙に違うような・・・。
よく見るとハチの「アカスジチュウレンジ」だった。
それにしてもよく似ていて紛らわしい!
アカスジチュウレンジ0721_1.jpg



















ミズキの葉裏の「エサキモンキツノカメムシ」の卵のほとんどは先月末に孵化していたが、この母虫を今月中旬見つけた時にはまだ卵を抱いていた。

この日見ると、一月遅れてようやくほとんどの卵が孵化していた。
人の頭位の高さで風が直接当たる非常に厳しい場所だったが、無事役割を果たせたようだ。
赤い目と背中のオレンジ色が愛らしい。
これからは子供たち自身の力で生き抜いていかなければならない。
頑張れ!
エサキモンキツノカメムシ0721_1.jpg



















2017年7月21日 東京都 ハチ目ミフシハバチ科 アカスジチュウレンジ、カメムシ目ツノカメムシ科 エサキモンキツノカメムシ

アシグロツユムシ幼虫かと思ったのだが・・・ オオトビサシガメ幼虫だった [カメムシ目]

歩いていて葉上の小さな虫が目にとまった。
裸眼ではその形と色がぼんやり。

おぉっ、アシグロツユムシの幼虫久しぶりっととりあえずテキトーにコンデジにおさめて帰った。
パソコン画面で見ていると、ん~。
アシグロと違う!
一見カメムシの仲間の幼虫なので調べると「オオトビサシガメ」の幼虫だった。
肉食性のサシガメの中でも最大級で、真冬に越冬している成虫を目にすることがある。
アシグロ幼虫と見間違えたのは、この大きさにして長い脚と触角のまだら模様だ。
オオトビサシガメ幼虫0708_1.jpg



















こちらがアシグロツユムシの幼虫。
武器もなく動きもさほど早くもないかよわい幼虫だが、オオトビサシガメの幼虫を真似ることで敵から身を守っているのだろうか?
ほんとのところは定かではないが、私はオオトビサシガメの幼虫を知らなかったのですっかりアシグロだと騙されてしまった。
皆さんは見て似ていると思われるだろうか?

知らない不思議はまだまだあって、自然の奥深さが面白いなぁ!!
アシグロツユムシ幼虫_1.jpg



















2017年7月8日 東京都 カメムシ目サシガメ科 オオトビサシガメ、バッタ目ツユムシ科 アシグロツユムシ

エサキモンキツノカメムシ 孵化してた [カメムシ目]

花が終わって実が膨らんできたこの時期のミズキの葉裏で、産んだ卵が孵化するまで守るメスの「エサキモンキツノカメムシ」の姿が見られる。
例年探しているが今年はその数が多く、葉表にも。
葉表は日差しや雨が直接あたり環境としては厳しいのだがそれでもここに産んだのは何故なのだろうか?

今日見ると卵が孵化して小さな幼虫たちが懐に。
無事に冬を越して産卵し、葉表の厳しい環境や外敵から無事卵を守り抜き次世代に命を繋いだこの母虫の役目も間もなく終わるだろう。
ご苦労様と声を掛けた。
エサキモンキツノカメムシ0625_1.jpg



















2017年6月25日 東京都 カメムシ目ツノカメムシ科 エサキモンキツノカメムシ

いよいよセミの季節! ニイニイゼミ ヒグラシ [カメムシ目]

昨日今日も梅雨の晴れ間、さすがに明日からは崩れるようだがやはり今年は空梅雨なのだろうか?
そんな中、先日セミの声を初めて聞いた。
ハルゼミの次の2番手は「ニイニイゼミ」。
チー ニー♪と岩に染み入る心地よい声。
今年は20日に初めて鳴き声を聞いたが、昨年は12日だったので1週間ほど遅い。
まぁ、これからあちこちでその声が聞かれるだろう!
ニイニイゼミ_1.jpg



















今日、日が暮れてからある虫を捕まえに行ったのだが、残念 見つけることが出来なかった。
その代わりにカナカナカナ♪と小高い山から聞こえてきた今年初めての「ヒグラシ」の鳴き声。
夕暮れ時に哀愁漂うこの声を聞くことが出来る家に住みたいとその昔思ったが、今だその夢は果たせていない。
まぁ、もう無理そうだが・・・。
ヒグラシ_1.jpg



















東京都 カメムシ目セミ科 ニイニイゼミ、ヒグラシ

セアカツノカメムシの青がいい [カメムシ目]

久しぶりに交尾中の「セアカツノカメムシ」を見つけた。
背中の青色が美しい。
セアカツノカメムシ0614-1.JPG



















アリがちょっかいを出しに来たがお構いなし、アリはすぐに立ち去って行った。
セアカツノカメムシ0614-2.JPG





























少しすると、メスが葉裏に隠れようと動き出した。
腹部の状態、上の個体にハサミがあることがわかってオスとメスが判明。
オスはこのハサミでメスを挟んで交尾するらしい。
セアカツノカメムシ0614-3.JPG





























2017年6月14日 埼玉県
カメムシ目ツノカメムシ科 セアカツノカメムシ

前の10件 | - カメムシ目 ブログトップ