So-net無料ブログ作成
バッタ目 ブログトップ
前の10件 | -

鳴き始めた コバネヒメギス [バッタ目]

小川沿いで鮮やかな濃いピンク色の花が目に付いた。
いくつもの蕾を伴った「ナワシロイチゴ」の花。
星のように開いた萼に閉じたピンクの花弁、その先から覗いている雌しべの柱頭、何とも印象的だ。
この後、花弁が落ちると雌しべの外側にある雄しべが現れ葯を開くそうだ。
ではこの状態は開花とは言わないのだろうか?

赤く熟した実は食べられるようだがまだ味見をしたことが無い。
ナワシロイチゴ0618_1.jpg



















少し離れた草地からシリシリシリ♪と鳴き声が聞こえてきた。
ススキの葉上で鳴いていたのは、名の通り成虫になっても翅が小さな「コバネヒメギス」だった。
近い仲間にヒメギスがいて姿がそっくりだが、成虫になるとヒメギスは腹部中央から腹端あたりまでの翅があるので見分けられる。

しかし幼虫の時は共に翅が無いまたは短いので見分けが難しい。
コバネは乾燥した草地、ヒメギスは湿った草地を好むので生息環境でそのあたりも判断材料だろう。

コバネヒメギス06181_1.jpg



















コバネヒメギスの成虫のオスは鳴くために翅にやすりのような発音器があるので、発音器がまだ出来ていないヒメギスの幼虫のオスとは識別ができるだろう。発音器の無いメスは厄介だ。
コバネヒメギス0617_1.jpg





























2018年6月17-18日 東京都 バラ目バラ科 ナワシロイチゴ、バッタ目キリギリス科 コバネヒメギス

nice!(2)  コメント(0) 

湿地のキリギリス、ヒメギス [バッタ目]

湿地を歩いていると何かが葉上から逃げていく。
その正体は「ヒメギス」だった。
キリギリスの仲間で、湿地などで見られ成虫は夏にシリシリシリ♪と鳴く。

色彩変化もあり、これは褐色型の幼虫。

バッタやキリギリスの仲間は一部例外があるが翅が腹端まであるかどうかで成虫か判断する。
翅が無いので幼虫だ。
ヒメギスにはもう1種、翅が短いコバネヒメギスがいて湿地ではなく乾燥した場所に生息している。
名前の通り成虫になっても翅が短い。
ヒメギス0531-1_1.jpg



















こちらはヒメギスの黒色型で、色は違えど同じ種類だ。
葉を食べている間は夢中なのか、全く逃げずにいてくれた。
ヒメギス0531-2_1.jpg



















2018年5月31日 埼玉県 バッタ目キリギリス科 ヒメギス

nice!(1)  コメント(0) 

バッタたちもすくすくと [バッタ目]

5月中旬、草地で耳を澄ますとシリシリシリ♪と鳴き声が聞こえた。
歩くと飛び出してきたのは「ヒナバッタ」のメス。
翅がしっかりあることから既に成虫だ。
鳴いていたのは別のオス。
今年生まれのバッタの中では最も早く成虫になるようだ。
ヒナバッタ0514_1.jpg



















草が刈られた場所で、草刈りから逃れて生き延びた「トノサマバッタ」の幼虫。
胸の盛り上がりや目を通る線が特徴。
ヒナバッタに次いで成虫が見られるだろう。
トノサマバッタ0519_1.jpg



















上2種が分類でバッタ科なのに対して、葉上で見つけたこの虫はキリギリス科で成虫は肉食、樹上生活の「ヤブキリ」のオス。
既に小さな翅があるので、こちらも6月には成虫の鳴く声が聞かれそうだ。
ヤブキリ0529_1.jpg



















2018年5月 東京都 バッタ目バッタ科 ヒナバッタ、トノサマバッタ、キリギリス科 ヤブキリ

nice!(0)  コメント(2) 

キリギリスの仲間は早いなぁ! [バッタ目]

今日は天気予報通り、起きたら なごり雪。
春分の日なのにすごく寒い!
朝から頭の中でイルカ、いや、かぐや姫の「なごり雪♪」がぐるぐるぐる。

おかげで?シャツに歩数計を入れたまま洗ってしまった(涙


先日、草地で見つけた大きさ5mmほどの小さなバッタの仲間。
裸眼では見えないのでコンデジで撮った写真を確認したら「キリギリス」の幼虫だった。
もう出ているとは、早っ!

元来ここにはいなかった種だが、放虫されてすっかり根付いてしまった。
子供の頃から慣れ親しんだチョン・ギース♪という鳴き声は僕にとってセミと共に夏の風物詩だが、今年もここでこの声を聞くというのはとても複雑な心境だ。
キリギリス0316_1.jpg



















数日後、同じ場所で黒い幼虫を見つけた。
こんな色のバッタの仲間は、湿地を好むヒメギスか乾燥した場所を好むコバネヒメギスのどちらかだ。
ここは乾燥地なのできっと「コバネヒメギス」に違いないが、夏に確認してみよう!
ヒメギス.sp0316_1.jpg



















2018年3月16,19日 東京都 バッタ目キリギリス科 ヒガシキリギリス、コバネヒメギス

nice!(0)  コメント(0) 

ヒナバッタ 寒さに耐える! [バッタ目]

観察を続けているヤマザクラの根元の「ヒナバッタ」たち。
このところまだいるかなと見るのもドキドキである。
この日も数匹を見つけた。
ヒナバッタ0116-1_1.jpg



















成虫越冬するクビキリギスやツチイナゴなどはススキの根元や落ち葉の下などで寒さを凌いでいるが、地面の上や木の僅かな割れ目でよく朝夕の寒さに耐えているものだ。
近づくとピョンピョン飛んで元気一杯のように見える。

今日は昼から冷たい雨が降っているが、明日は16℃と4月の陽気になるという。
雨の冷たさや昼と夜の大きな温度差はかなりの負担だろう。
それでも何に抗うでもなく本能のまま体が動かなくなるまで・・・。

ヒナバッタ 凄いぜ!      香川照之みたいになってしまったか。
ヒナバッタ0116-2_1.jpg



















2018年1月16日 東京都 バッタ目バッタ科 ヒナバッタ 

nice!(1)  コメント(5) 

新年を迎えた ヒナバッタ [バッタ目]

昨晩から朝にかけての冷え込みは厳しく屋外の水道は凍りつき、池には氷が張っていた。


昨年末から観察している大きなヤマザクラの根元の「ヒナバッタ」たちはこの寒さの中どうなったろう。
朝から日差しは暖かく、いつもいる場所を探してみると次々見つかった。
ヒナバッタ0106-1_1_1.jpg




















よくぞこの寒さの中生きながらえている。
恐るべきヒナバッタの耐寒性だ。

卵越冬だが、バッタハンドブックでは「一部が1月末まで生存する」とある。
ヒナバッタ0106-2_1.jpg



















今まで確認した最も遅いのが12月31日なので個人的に最長記録である。
毎日確認はしていないので、もう少し長生きしていたものがいたかもしれないが・・・。
いつまで頑張れるか見届けたい。
ヒナバッタ0106-3_1.jpg



















2018年1月6日 東京都 バッタ目バッタ科 ヒナバッタ

nice!(1)  コメント(4) 

クリスマスのラブソング♪ ヒナバッタ [バッタ目]

昼間歩いていても、いよいよほとんど虫の姿が見つからなくなってきた。
12月も半ばを過ぎると、毎年その姿を探す虫2種。

その一つは「アキアカネ」。
今年は12月11日の田んぼのパイプが撮りおさめだったようだ。
その後、探しているが見つからない。
また来年かな!
アキアカネ1211_1.jpg



















もう一つは「ヒナバッタ」。

卵越冬のバッタの仲間では、成虫で現れるのも早いが恐らく最も最後まで見られる種だと思う。

夏に見られた場所を探しているがほとんど姿を消してしまった。
唯一、大きなヤマザクラの根元にまだ10個体近く見られる場所を見つけた。
日差しが暖かい昼間はサクラの幹やその根元にいる。
朝早くに見ると、樹皮の割れ目に身を隠していた。
南側だが朝夕の冷え込みが厳しいので、こんなところで寒さをしのいでいるのだろう。
ヒナバッタ1224-2_1.jpg



















今日は北風が強かったが、大木が風を防いでいたから暖かさ100%!
少しの間見ていると小さな声でシリシリシリ♪
12月も終わりだというのに、ヒナバッタのラブソングが聞こえてきた。

彼らも Merry X'mas!

ヒナバッタ1225_1.jpg






















2017年12月11,24,25日 東京都 トンボ目トンボ科 アキアカネ、バッタ目バッタ科 ヒナバッタ

nice!(1)  コメント(2) 

灯りに飛来 ササキリモドキ [バッタ目]

朝、外灯に何かいないかと探していると柱の上方に「ヒメツユムシ」がいた。

前胸背両側の黄色い線が特徴だ。

ヒメツユムシが属するササキリモドキ科の仲間は、普段は樹上で生活しているので目にすることは少ないが、夜灯りに飛んで来た個体を秋から初冬にかけて良く見かける。
ヒメツユムシ1113_1.jpg



















翌日別の灯りの下で見つけたササキリモドキの仲間のメス。
翅の黒点や腹部の突起などから「ササキリモドキ(ミドリササキリモドキ)」のようだ。
セスジササキリモドキは比較見る機会があるが、この種はこれで2回目と少ない。
以前確認したのはオスだった。
ササキリモドキ1115-1_1.jpg






















産卵器の根元の突起はいったい何の為なのだろうか?
何らかの役割があると思うのだがわからない。
ササキリモドキ1115-2_1_1.jpg



















2017年11月14,15日 東京都 バッタ目ササキリモドキ科 ヒメツユムシ、ササキリモドキ

nice!(1)  コメント(0) 

クサヒバリの声も弱々しく [バッタ目]

マユミの木である虫を探していると隣の葉上に何かいた。

眼鏡をかけると「クサヒバリ」のオスだった。
鳴き声はよく聞くが姿を見るのは今シーズン初めてだ。
クサヒバリ1026-1_1.jpg



















体長8mmほどと小さく林縁の葉の込み入ったところで鳴いていて探すのに骨が折れるので、よほどの事が無い限り普段なかなか撮る気になれない。
なのでこういう機会は非常にありがたい。
翅の発音器の模様が美しい。
クサヒバリ1026-2_1.jpg



















恐らくこれが今年最初で最後だろうとちょっとマジになったが、うかつにも葉を揺らしてしまい素早い動きであっという間に高い場所へ登って行ってしまった。
数枚撮った中で見られるのは僅かだった。
いよいよ寒さが増してfieldで聞こえるクサヒバリの鳴き声も弱々しくなってきた。
クサヒバリ1026-3_1.jpg



















2017年10月26日 東京都 バッタ目ヒバリモドキ科 クサヒバリ

nice!(1)  コメント(2) 

小さなコオロギ シバスズ [バッタ目]

先述のエゾスズを撮っていて見つけた小さなコオロギ。
おっ、ヤチスズかと思ったが、よく見るとどうやら「シバスズ」のようだ。
都会の草地や公園でも初夏頃から秋にかけて見られるコオロギで、ジーと長く鳴く
シバスズ0927-1_1.jpg



















大きさは5mm程と気にしなければまず気付かないだろう。
こちらはメス。
この大きさと敏捷性から集中力が必要だが、年を追うごとに厳しさが増す。
シバスズ0927-2_1.jpg



















2017年9月27日 埼玉県 バッタ目ヒバリモドキ科 シバスズ

nice!(1)  コメント(0) 
前の10件 | - バッタ目 ブログトップ