So-net無料ブログ作成
トンボ目 ブログトップ
前の10件 | -

ふわっと何かが・・・ ホソミイトトンボ [トンボ目]

林縁で一瞬、何かが視界に入ったがすぐに消えた。
何だろう? そのあたりをようく探してみると、タデにとまっていた「ホソミイトトンボ」。
うん、間違いなく先ほどのはこのトンボだ。

アジアイトトンボより一回りほど大きいがアオイトトンボより一回りほど小さい。

タデの色に溶け込んだ体色は見事な保護色で凄いなぁと思う以上に良く見つけたものだと自画自賛。
個体数が多ければ見つけやすいが、ほんとに稀なので出逢えたのはとてもラッキー!

越冬型のオスだろう。
来春、ビオトープで出逢えることを楽しみに、無事に冬を越せることを祈っているよ!!
ホソミイトトンボ1005_1.jpg



















2017年10月5日 東京都 トンボ目イトトンボ科 ホソミイトトンボ

nice!(1)  コメント(2) 

今シーズン初見 アオイトトンボ [トンボ目]

ビオトープを歩いていると足元から弱々しく飛んだイトトンボ。
見ると青い目が美しい連結した「アオイトトンボ」だった。
以前は田んぼの周りでたくさん見られたが、永らく昔の数ほど見られなくなってしまった。
春先から初夏にかけて、田んぼに流れ込む湧水の渇水が原因かもしれない。
オオアオイトトンボは何度も見ているが、アオイトトンボはこの日が今年の初見となった。

上がオスで首根っこを掴まれているのがメス。
アオイトトンボ1005-1_1.jpg



















メスがお腹を大きくグイッと曲げてまるで体操選手のよう。
アオイトトンボ1005-2_1.jpg



















オスも腹部を曲げて、それに応える。
腹端がオスの副交尾器へ合体、これで交尾成立だ。
見た目通り、ハーティーな関係に!

アオイトトンボ1005-3_1.jpg




















また昔のようにあちこちでこんな光景が見られるようになればいいのだが!

アオイトトンボ_1.jpg




















2017年10月5日 東京都 トンボ目アオイトトンボ科 アオイトトンボ

nice!(1)  コメント(2) 

一番多かった マユタテアカネ [トンボ目]

湿地を歩いて一番多かったのが「マユタテアカネ」。
顔や胸は赤くはないがお尻の赤さはコノシメトンボにも劣らぬいい色だ。
顔の一対の斑がご愛嬌で憎めない。
マユタテアカネ0914_1.jpg



















今年は翅先に斑のあるメスをよく見かける。
マユタテアカネ0105-3_1.jpg



















水辺では交尾をする個体が複数見られた。
赤と黄色のハートが微笑ましい。

今年も赤トンボの季節がやって来た。
マユタテアカネ0105-1_1.jpg



















2017年9、10月 東京都 トンボ目トンボ科 マユタテアカネ

nice!(1)  コメント(2) 

真っ赤なコノシメトンボ [トンボ目]

晴れたので久しぶりに湿地へ。
コブナグサが色付き始め、キンエノコロが日に輝いてきれい。
もう少しするとコブナグサやアキノウナギツカミなどが赤く紅葉してさらに美しい光景に。
湿地1005_1.jpg





























歩いていると積まれた枝の上に真っ赤なトンボがいた。
成熟したオスは鼻からお尻の先まで鮮やかな赤に染まる「コノシメトンボ」。

コノシメトンボ1005_1.jpg



















かなり歩いて回ったが、見つけたのは2頭のみと数は少ない。
コノシメトンボ1005-1_1.jpg



















メスもかろうじて。
これからもう少し数が見られるといいのだが。
コノシメトンボ1005-2_1.jpg



















2017年10月5日 東京都 トンボ目トンボ科 コノシメトンボ

nice!(1)  コメント(2) 

あまりの暑さに 赤トンボたちもオベリスク [トンボ目]

昨日今日と、再び夏が戻ってきたかのような日差しと暑さ。
昨日湿地に行ってみたら、タイミング悪く草刈り中。
こりゃあ駄目か、何も今日でなくてもと思ったが、折角なのでぶらぶら。

陽の当たる林縁で見つけた赤く色付いた「リスアカネ」のオス。
翅縁の褐色斑が特徴だ。

陽射しが強いのでお尻を高く上げて陽の当たる面積を小さくしていた。
これをトンボのオベリスクという。
詳しくは過去記事で。
リスアカネ0913_1.jpg



















やや小型の赤とんぼのオベリスクを背後から。
マユタテアカネ0913-1_1.jpg





























前に回って顔を確認すると「マユタテアカネ」のオスだった。
今見られる赤トンボでは最も数が多いかもしれない。
顔のブタ鼻が目印だ。
ヒメアカネなども薄いブタ鼻があるのでちょっと注意かな。
マユタテアカネ0913-2_1.jpg



















昨日草刈り中だったので、もう終わったかと今日も行ってみた。
草刈りは終わっていたが、昨日よりトンボは少ない。
湿地脇の草に「アキアカネ」が。
ふと見上げると空にたくさん飛んでいた。
山で避暑を終え成熟して下りてきたようで、まだまだ残暑は厳しいがいよいよ秋を実感した。
アキアカネ0914_1.jpg



















2017年9月13,14日 東京都 トンボ目トンボ科 リスアカネ、マユタテアカネ、アキアカネ

nice!(1)  コメント(0) 

リスアカネ 林縁で産卵する [トンボ目]

薄暗い林縁でトンボが行ったり来たりの低空飛行を繰り返していた。
お尻を振っていたので産卵をしている様子だった。
がここは湿地から道を挟んだ反対側の林縁で、全く水のない乾いた土が露出した場所。
こんなところで卵を産み落としてもさすがに育つことはないだろうに。
リスアカネ0824-1_1.jpg



















翅先の斑や胸の模様から今年初見の「リスアカネ」のメス。
普通は湿地上でオスと連結産卵を行ったり、その後メス単独での産卵も行うようだ。
単独産卵の場合は、周囲でオスが警護している事があるようだが、この時は見かけなかった。
撮った写真を見ると腹端に卵が写っていた。
どうせなら水辺でと思わずにはいられなかった。
リスアカネ0824-2_1.jpg



















すぐ近くでは、こちらも今年初見の「ヒメアカネ」のメスがいた。
昨年も一度見たきりで数は少ない。


※当初ノシメトンボとしていましたが、尾園暁さんからリスアカネとのご指摘をいただき訂正しました。
ありがとうございました。
ヒメアカネ0824_1.jpg



















2017年8月24日 東京都 トンボ目トンボ科 リスアカネ、ヒメアカネ

nice!(1)  コメント(2) 

何故か存在感を感じる オオシオカラトンボ [トンボ目]

田植えの終わった田んぼを見て回っていると、「オオシオカラトンボ」があちこちで見られた。

最も早くに現れたシオヤトンボもまだ健在で、次に現れたシオカラトンボとテリトリーを争っていた。
名にオオと付くが図鑑で見るとシオカラトンボと大きさはさほど変わらないようだ。
オオシオカラトンボ0614-1_1.jpg



















一見してシオカラトンボと異なるのは複眼の色で、シオカラトンボは青~緑色、オオシオカラトンボは茶色。
大きさは変わらないとはいえ何故か個人的にはオオシオカラの方が見た目の存在感を感じるのは、複眼も含めた濃い色のせいだろうか・・・。
オオシオカラトンボ0614-2_1.jpg



















2017年6月14日 埼玉県 トンボ目トンボ科 オオシオカラトンボ

ヨツボシトンボ 2017 [トンボ目]

数年前から湿地で見られるようになった「ヨツボシトンボ」。
湿地の水不足から今年の発生を危惧していたが、無事その姿を確認できた。
東京都のレッドリストでは西多摩で絶滅危惧Ⅱ類に指定されている希少種なので注目していた。
ヨツボシトンボ0511-1_1.jpg



















湿地中央にいくつかある枯れた茎に3頭がとまって、それぞれのテリトリーを監視していた。
湿地の水は上流からの流れが途絶えているが、地下から湧いている様子でトンボたちがテリを張っている中央部には僅かに溜まりオタマジャクシたちも集まっていた。
ヨツボシトンボ0511-2_1.jpg





























ヨツボシトンボのいる場所に近寄れず、遠目から望遠での撮影。
翅の黒斑や後翅根元の模様がヨツボシトンボの特徴を表している。
3頭以外に1頭のメスが早くも産卵するシーンが見られ、水さえ潤沢ならば次世代への希望も繋がっている。
ヨツボシトンボ0511-3_1.jpg



















2017年5月11日 東京都
トンボ目トンボ科 ヨツボシトンボ  CANON EOS50D EF70-200mm F2.8 L IS USM/EXTENDER EF 1.4×Ⅱ












湿地はハラビロパラダイス! [トンボ目]

干上がった湿地の様子を見に行った。
前回一頭だけ見つけたアジアイトトンボは見つからない。
一方でハラビロトンボは例年通り、まだ多くの未成熟個体があちこちで見られた。
ハラビロトンボ0511-1_1.jpg



















いつからだろういくつかあるうちの数か所の湿地はすっかり干上がってしまった。
ここではクロスジギンヤンマの羽化が見られたのだが、こんな状態では羽化殻は見つからない。
湿地0511_1.jpg



















そんな干上がった湿地を歩いてみると、何と岸辺のあちこちでハラビロトンボが羽化していた。
上の写真中央の草の根元の白いものは羽化したハラビロトンボだ。
ハラビロは乾燥に強いと聞いていたが、本当にその通りでいったいどこで今まで暮らしていたのだろうか?
よくぞこの環境で生き延びていたものだ!
昼前だったが2個体が羽化しているのを見つけた。

ハラビロトンボ0511-2_1.jpg



















水のない厳しい条件下でも命を繋いでいけるハラビロトンボの逞しさには驚くばかり。
その目はどんなことがあろうと、まだまだ続くこれからの未来を見つめているように思えた。
ハラビロトンボ0511-3_1.jpg



















2017年5月11日 東京都
トンボ目トンボ科 ハラビロトンボ
CANON EOS70D EF100mm F2.8L IS USM、EOS50D EF70-200mm F2.8 L IS USM/EXTENDER EF 1.4×Ⅱ

冬場の渇水にもかかわらず発生してくれた アジアイトトンボ [トンボ目]

そろそろアジアイトトンボが見られてもよいのだが、探せどまだ見つからないでいた。
昨年、一昨年と4月26日には初認していたのだが、昨年の大雨で湿地に流れ込む水路が土砂で埋もれ、半年近く渇水が続いてトンボたちの生存を心配していた。
多く発生していた下流の2つの湿地には地下から水が湧き出ているようで、僅かながら水域が確保されていた。

3月にようやく水路の土砂が取り除かれ、湿地に水が流れ込んだがこのところまた干上がっていた。
僅かにしみ出した上流の水路脇でたくさんの新芽が顔を出していた。
生まれたばかりの淡い色を見ると、とても安らぎほっとする。
湿地の芽生え0503_1.jpg



















湿地周りの草むらを歩くと、少し大きくなった「ヒメギス」たちが足元から飛び出す。
なかなか敏感で、近寄らせてくれない。
ヒメギス0503_1.jpg



















「セボシジョウカイ」が強風を避けて草むらの中に避難?していた。
風が無ければ草むらの中の小宇宙をじっくり探索していたのだが残念。
セボシジョウカイ0503_1.jpg



















もう帰ろうかと思った矢先、ようやく1頭の「アジアイトトンボ」が目の前を横切った。
まだ未成熟なメスのようだ。
およそ1週間遅れの確認だが、ほっと一息。
今年は数は見込めないかもしれないが、何とか種を存続してほしいものだ。
毎年多く見られる希少種のキイトトンボはどうだろうか?
アジアイトトンボ0503_1.jpg



















2017年5月3日 東京都
バッタ目キリギリス科 ヒメギス
コウチュウ目ジョウカイボン科 セボシジョウカイ
トンボ目イトトンボ科 アジアイトトンボ
CANON EOS70D EF100mm F2.8L IS USM、EOS50D EF70-200mm F2.8 L IS USM/EXTENDER EF 1.4×Ⅱ

前の10件 | - トンボ目 ブログトップ