So-net無料ブログ作成

今シーズン初見 アオイトトンボ [トンボ目]

ビオトープを歩いていると足元から弱々しく飛んだイトトンボ。
見ると青い目が美しい連結した「アオイトトンボ」だった。
以前は田んぼの周りでたくさん見られたが、永らく昔の数ほど見られなくなってしまった。
春先から初夏にかけて、田んぼに流れ込む湧水の渇水が原因かもしれない。
オオアオイトトンボは何度も見ているが、アオイトトンボはこの日が今年の初見となった。

上がオスで首根っこを掴まれているのがメス。
アオイトトンボ1005-1_1.jpg



















メスがお腹を大きくグイッと曲げてまるで体操選手のよう。
アオイトトンボ1005-2_1.jpg



















オスも腹部を曲げて、それに応える。
腹端がオスの副交尾器へ合体、これで交尾成立だ。
見た目通り、ハーティーな関係に!

アオイトトンボ1005-3_1.jpg




















また昔のようにあちこちでこんな光景が見られるようになればいいのだが!

アオイトトンボ_1.jpg




















2017年10月5日 東京都 トンボ目アオイトトンボ科 アオイトトンボ

nice!(1)  コメント(2) 

ハラビロカマキリですが 何か? [カマキリ目]

木柵にいたハラビロカマキリ。
水辺近くにいるとついついハリガネムシの寄生を疑ってしまう。

カメラを構えつつ、おいお前持ってるんじゃぁ? と問いかけた。

横目でこちらをチラリ。
ハラビロカマキリ1005-1_1.jpg



















暫くするとこちらを見た。

そんなもん持ってねぇよ! と聞こえたような気がした。
ハラビロカマキリ1005-2_1.jpg



















2017年10月5日 東京都 カマキリ目カマキリ科 ハラビロカマキリ

nice!(1)  コメント(0) 

一番多かった マユタテアカネ [トンボ目]

湿地を歩いて一番多かったのが「マユタテアカネ」。
顔や胸は赤くはないがお尻の赤さはコノシメトンボにも劣らぬいい色だ。
顔の一対の斑がご愛嬌で憎めない。
マユタテアカネ0914_1.jpg



















今年は翅先に斑のあるメスをよく見かける。
マユタテアカネ0105-3_1.jpg



















水辺では交尾をする個体が複数見られた。
赤と黄色のハートが微笑ましい。

今年も赤トンボの季節がやって来た。
マユタテアカネ0105-1_1.jpg



















2017年9、10月 東京都 トンボ目トンボ科 マユタテアカネ

nice!(1)  コメント(2) 

真っ赤なコノシメトンボ [トンボ目]

晴れたので久しぶりに湿地へ。
コブナグサが色付き始め、キンエノコロが日に輝いてきれい。
もう少しするとコブナグサやアキノウナギツカミなどが赤く紅葉してさらに美しい光景に。
湿地1005_1.jpg





























歩いていると積まれた枝の上に真っ赤なトンボがいた。
成熟したオスは鼻からお尻の先まで鮮やかな赤に染まる「コノシメトンボ」。

コノシメトンボ1005_1.jpg



















かなり歩いて回ったが、見つけたのは2頭のみと数は少ない。
コノシメトンボ1005-1_1.jpg



















メスもかろうじて。
これからもう少し数が見られるといいのだが。
コノシメトンボ1005-2_1.jpg



















2017年10月5日 東京都 トンボ目トンボ科 コノシメトンボ

nice!(1)  コメント(2) 

ん~ 可愛い ニホンアマガエル [両生類]

丘陵ではほとんど見られないと言っていい「ニホンアマガエル」。

子供の頃には初夏になると田んぼから煩いほどの鳴き声が聞かれたものだが、時代と所変わればか。
それでも毎年数か所の限られた場所でその鳴き声や姿を見ることが出来る。

この日、その場所の一つを通ると擬木柵の上にまだ若い個体を見つけた。
ニホンアマガエル2_1.jpg






















写真撮るからちょっとの間じっとしててねと話しかけると素直に言うことを聞いてくれた。
いい子、いいカエルだ!

地域は違えど昔は身近なカエルだっただけに、もう少し鳴き声や出会える機会があればいいのになぁと思うのだが。
ニホンアマガエル1_1.jpg






















2017年8月5日 東京都 無尾目アマガエル科 ニホンアマガエル

nice!(1)  コメント(0) 

小さなコオロギ シバスズ [バッタ目]

先述のエゾスズを撮っていて見つけた小さなコオロギ。
おっ、ヤチスズかと思ったが、よく見るとどうやら「シバスズ」のようだ。
都会の草地や公園でも初夏頃から秋にかけて見られるコオロギで、ジーと長く鳴く
シバスズ0927-1_1.jpg



















大きさは5mm程と気にしなければまず気付かないだろう。
こちらはメス。
この大きさと敏捷性から集中力が必要だが、年を追うごとに厳しさが増す。
シバスズ0927-2_1.jpg



















2017年9月27日 埼玉県 バッタ目ヒバリモドキ科 シバスズ

nice!(1)  コメント(0) 

足元から飛び出る エゾスズ [バッタ目]

湿地を歩いていると足元から小さな黒いコオロギが無数に飛び出してきた。
大きさは10mm弱で気にしなければ見過ごしてしまうだろう。
エゾスズ0927-1_1.jpg



















黒っぽい体色と後脚の2対の白点が特徴の「エゾスズ」。
ここでは淡い褐色のヤチスズも見られる。
図鑑ではジー・ジーと鳴くとあるが、これらの種の鳴き声を識別するスキルは残念ながらまだない。
エゾスズ0927-2_1.jpg



















2017年9月27日 埼玉県 バッタ目ヒバリモドキ科 エゾスズ

nice!(1)  コメント(2) 

自然界のターコイズ色 ロクショウグサレキン再び [菌類]

fieldを歩いている中で、幾つかのチェックポイントがある。
過去にいい出会いがあった場所には期待するものだ。

雑木林内の園路脇にあるコナラの洞。
雨の後は水が溜まり、日が経っても湿っている環境だ

昨年10月末に、僕の好きなターコイズ色、それも天然色との出会い、初めて見た「ロクショウグサレキン」だった。
それ以降、ここを通るたびにチェックしていたが、今日1年ぶりにその色に出会えた。
ロクショウグサレキン0930-1_1.jpg






















名の由来は緑青(ろくしょう)色をしている事からのようだが、菌糸が生育した材をもその色に染めてしまうらしい。
キノコの仲間で、この丸いのはいわゆる私たちが普段目にするキノコの形で子実体という。
今年もこの色に出逢えて、見てきたかいがあったというもの!

この洞ではもう1種、とても不思議なキノコに出会ったのだが、再開はまだ果たせぬままだ。
ロクショウグサレキン0930-2_1.jpg






















2017年9月30日 東京都 ビョウタケ目ズキンタケ科 ロクショウグサレキン

nice!(1)  コメント(2) 

見たいものはそう簡単には見つからない・・・ [自然]

相変わらずチョウセンカマキリを探しているが見つからない。
この日も田んぼ脇を見て歩いたが、このところよく見る「メスグロヒョウモン」のメスが同じ場所で止まっては飛びを繰り返していた。ヒョウモンチョウの中でこの色彩は他に類を見ないのでつい目を惹く。
メスグロヒョウモン0927_1.jpg



















目先を変えてちょっと林内に入って見たら、小さなトンボが目の前を舞った。
アカネの仲間で探しているのがマイコアカネだ。
もう何年、丘陵で見ていないだろうか?
淡い期待をしたが、やはり残念ながら「マユタテアカネ」のメス。
マイコの翅先には斑が無いので、止まれば即判別は可能だった。
マユタテアカネ0927_1.jpg



















この日見つけたカマキリはこの「コカマキリ」だけだった。
ファイティングポーズや独特のカマの模様は見せてくれなかったが、ちゃっかりカメラ目線。
とりあえず、ありがとう!

探し物はそう簡単には見つからない。
だから楽しいのかも!
コカマキリ0927_1.jpg



















2017年9月27日 埼玉県 チョウ目タテハチョウ科 メスグロヒョウモン、トンボ目トンボ科 マユタテアカネ、カマキリ目カマキリ科 コカマキリ

nice!(2)  コメント(2) 

朽木からこちらを見る得体の知れないもの ホリカワクシヒゲガガンボ [ハエ目]

仕事をしていてふと横にあった朽木に目がいった。
ん~? 何かと目が合ったのだが、一瞬何だかわからない奇妙な姿。
黒い目、頭の上には櫛状のもの、その後ろに伸びるオレンジ色のアンテナ。
悪魔というのを見たことが無いが、まさにこんな感じなのか・・・。
ホリカワクシヒゲガガンボ-1_1.jpg






















その正体は「ホリカワクシヒゲガガンボ」のオスだった。
メスは見たことがあったがオスは初めてでその触覚は名の通りクシヒゲ。
触角から左右に出た枝が、前方のものを感知するように見えるが指向性はどうなのだろうか?
アンテナのように見えたのは脚だった。
ホリカワクシヒゲガガンボ0910-2_1.jpg






















朽木に産卵するようなので、メスを求めてやって来たのか。
偶然ながらも不思議な虫と出会えてラッキーだった!
ホリカワクシヒゲガガンボ0910-3_1.jpg






















2017年9月10日 東京都 ハエ目ガガンボ科 ホリカワクシヒゲガガンボ

nice!(1)  コメント(4)