So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

鳥の糞かと思ったら マダラアシゾウムシ [コウチュウ目]

葉の上に鳥の糞らしきものがあった。
念のためにファインダーを覗いて見ると、ん~ちょっとなんか違う感じ・・・。
マダラアシゾウムシ0717-1_1.jpg



















もう少し大きくとマクロレンズで見ると、うんうん、これは「マダラアシゾウムシ」だ。

長らく出逢ってなかったので、こんなに小さかったかなと思ったが間違いない。
遠目で見るとまるで、植物の種が混じった鳥の糞に見えるのがスゴイ!
マダラアシゾウムシ0717-2_1.jpg



















こういった鳥の糞に擬態した虫は結構いるが、見破るコツは左右対称かどうかということ。
ほとんどの虫は色や模様が左右対称だが、鳥の糞は左右非対称なのだ。
まぁ一目でそこまで見えれば苦労はしないが、目が悪いと見えないのでつい騙されてしまうのだった。
マダラアシゾウムシ0717-3_1.jpg



















2019年7月17日 東京都 コウチュウ目ゾウムシ科 マダラアシゾウムシ

nice!(1)  コメント(0) 

湿地でシリシリシリ♪と鳴く長翅型のヒメギス [バッタ目]

いやぁ、昨日今日は気温が28℃と高くさらに湿度が90%を超えて、汗ダラダラの今年一番の暑さだったように思う。
あと少しで今日以上の厳しい夏本番がやって来ると思うと、大丈夫か耐えられるのかと心配になってくる。
昨日からこの夏初めてエアコンを付けた。

10日ほど前、湿地を訪れると真っ白い穂がまっすぐ上に伸びていた。
下から上に咲き上がる「ヌマトラノオ」の花だ。
比較的乾燥した場所を好む花茎が垂れ下がるオカトラノオは、花期の終わりに近いがこちらはまだこれから。
名の由来は共にトラの尻尾から来ているが、真っ直ぐだったり垂れ下がったり、由来の元になったトラの尻尾はどうだっただろうか?
ヌマトラノオ0710_1.jpg





























畔を歩くとすごい勢いで何かが下草に隠れる。
そのほとんどが「ヒメギス」。
キリギリス、ヤブキリ、ヒメギスとこのあたりで見られるキリギリス3兄弟の一角をなす種だ。
大きさからは一番下だろう。
このヒメギス、多くは背中が褐色で腹端より翅が短いが場所によって背中が緑色だったり、腹端より翅が長い長翅型が現れる。
この日見たのは背中が緑色型の長翅型だった。
ヒメギス0710-1_1.jpg



















3兄弟のうちヤブキリは脚が黒い黒化型がいるが、体全体は緑色で樹上性でよく飛ぶからか翅は皆長い。
キリギリスはニシキリギリス、ヒガシキリギリス共に翅が腹端より短いが、北海道に分布するハネナガキリギリス、カラフトキリギリス、沖縄、宮古諸島に分布するオキナワキリギリスは皆腹端より翅が長く別種とされている。
ヒメギス0710-2_1.jpg



















鳴き声はキリギリスはチョン・ギース♪と間違えようがないが、ヤブキリは樹上でシリシリシリ♪、ヒメギスは湿地の低い草でシリシリシリ♪と紛らわしい。
僕は鳴き声だけなら環境で識別している。
ヒメギスには成虫でも翅がとても小さいコバネヒメギスという種がいる。
ヒメギスは湿地周辺、コバネヒメギスは比較的乾燥した草地と棲み分けている。
ちなみに普通に見られる褐色型のヒメギスはこちら。
メスなので発音器は無い。
緑色型の長翅型と同じ種とは思えない・・・。
ヒメギス褐色型_1.jpg



















2019年7月10日 東京都 バッタ目キリギリス科 ヒメギス

nice!(0)  コメント(0) 

今年もタラノキでセンノキカミキリ [コウチュウ目]

小川沿いで可愛いピンク色のイヌゴマの花が咲き始めた。
淡いピンク色が美しい。
イヌゴマ0711_1.jpg





























道沿いのタラノキの葉が食われ、新しい茎が根元から折れていた。
おっ、いるなと見てみると葉の上に大きな「センノキカミキリ」がいた。
名前のセンノキとはウコギ科のハリギリの事で、その仲間のタラノキやヤツデなどに付く。
センノキカミキリ0711-1_1.jpg



















この日は同じ木に2組のカップルをはじめ全部で7頭が集まっていた。
この数で葉や茎を食い荒らされればこの小さなタラノキはひとたまりもないだろう。
センノキカミキリ0711-2_1.jpg





























見ていると1組が交尾を始めた。
以前にシロスジカミキリの交尾を見たが、オスの交尾器が透明で黄色い蛍光色なのに驚いた。
センノキカミキリの交尾器も似ていて、まるでプラスチックのチューブのようで不思議。
センノキカミキリ0711-3_1.jpg



















2019年7月11日 東京都 コウチュウ目カミキリムシ科 センノキカミキリ 

nice!(1)  コメント(2) 

クワの木にクワカミキリ [コウチュウ目]

今日は朝には雨が止んでいて、午後から久しぶりに青空と陽射しがでた。
予報通りならこれはチャンスと午前中に溜まっていた洗濯物を洗って干して早速丘陵へ。

小川沿いのクワの木を見ると、複数の「クワカミキリ」がいた。
以前に数個体は見掛けていたが、今日は4個体と最も多かった。
クワカミキリ0717-3_1.jpg



















皆、クワの樹皮を齧ってお食事中。
カミキリムシの幼虫のほとんどが、朽木や生木の材、草本の茎を食べているが、成虫は種によって幼虫と同じ木の樹皮や幼虫期とは異なる花粉などを食べていて、幼虫期の摂食とは区別して成虫が食べることを後食と呼んでいる。
クワカミキリの場合は、名前の通り幼虫はクワの生木の材を、成虫も後食としてその樹皮を食べる。
クワカミキリ0717-2_1.jpg



















ここで見られるカミキリムシの仲間では、大型で存在感のあるポピュラーな種の一つ。
シロスジカミキリ、ウスバカミキリ、ミヤマカミキリに次ぐ大きさだ。
クワカミキリ0717-1_1.jpg



















もう少しアップで撮ってみた。
こんな大きなカミキリムシの幼虫が実生のこのクワの木の中を食べるとすぐに枯れてしましそうだが、数年来発生しているがまだ弱る様子も見られず元気なのが不思議だ。
この木から発生しているのかは未確認なので、何とも言い難いのだが・・・・。
クワカミキリ0717-4_1.jpg



















2019年7月17日 東京都 コウチュウ目カミキリムシ科 クワカミキリ

nice!(1)  コメント(2) 

コフキにマメ [コウチュウ目]

小さな谷戸のオニグルミの葉に褐色のコガネムシがいた。
おっ!
久しぶりの「コフキコガネ」、コナラやクヌギ、クリの葉で見れらコガネムシの仲間では大型で存在感がある。
子供の頃にはよく見た記憶があるが、この10年来夏に数回見られるかどうか。
たまたまここでは少ないのだろうか?
コフキコガネ0710-1_1.jpg



















似た仲間にオオコフキコガネがいて毎回チェックするが、全てコフキでオオコフキはまだ見たことが無い。
見ていると、危機を感じてかポロッと下に落ちた。
さて、今年はあと何回見られるかと思うとついついシャッターを押してしまった内の一枚。
コフキコガネ0710-2_1.jpg



















すぐ近くの湿地のチゴザサの中のササの葉上にいた、独特のポーズの「マメコガネ」。
アメリカでは猛威を振るう日本から来た外来種で、Japanies Beetleと呼ばれているそうだ。
それでもここではちょっと幻想的な・・・。
マメコガネ0710_1.jpg



















2019年7月10日 東京都 コウチュウ目コガネムシ科 コフキコガネ、マメコガネ

nice!(2)  コメント(0) 

深い緑が美しい アオハナムグリ [コウチュウ目]

ヌマトラノオの花が咲き始めた。
小さな真っ白い花が集まって湿地を彩っている。
その花に綺麗な緑色のハナムグリを見つけた。
アオハナムグリ0710_1.jpg



















花に頭を突っ込んで花に潜っているように見える事からハナムグリ。
今の時期よく見られるのは黒い翅のクロハナムグリ、緑色に毛深いコアオハナムグリ。
それらより一回り大きくて、前胸背や翅に毛が無く緑鮮やかなのがこの「アオハナムグリ」だ。
アオハナムグリ0710-1_1.jpg



















先の2種より見られる数が少なく、腹側の紫色も美しい。
アオハナムグリ0710-2_1.jpg



















2019年7月10日 東京都 コウチュウ目コガネムシ科 アオハナムグリ

nice!(0)  コメント(0) 

お目当ての キイトトンボ [トンボ目]

そろそろ見られるかなと、ある谷戸に行ってみた。
この日のお目当は「キイトトンボ」。
広い丘陵の中でどこでも見られる種ではない。
東京都のこの場所では絶滅危惧ⅠB類だ。
以前は多く見られたが、ここ数年は数が減っているように思う。
さて今年はどうだろうと湿地周りを歩いた。

湿地に近い草むらからふわっと飛ぶイトトンボを見つけた。
とまったところを確認すると期待通りのキイトトンボだった。
キイトトンボ0710-1_1.jpg



















周りに3個体ほどが見られて今年も見られて取り敢えずホッとした。
近年の台風やゲリラ豪雨などで湿地に土砂が流入して、だんだん陸地化して環境が変わってきているので、気になっている。
キイトトンボ0710-2_1.jpg



















相変わらずの猿顔、この顔をいつまでも見られるように何らかの力になれればと思う!
キイトトンボ0710-3_1.jpg



















2019年7月10日 東京都 トンボ目イトトンボ科 キイトトンボ

nice!(1)  コメント(6) 

夏の風物詩だが・・・ キリギリスの音色 [バッタ目]

6月の終わり、今年も聞こえてきた夏の風物詩 チョンギース♪というキリギリスの鳴き声。
昨年は6月23日、今年は25日とほぼ初鳴きは変わらなかった。

この日も鳴き声を頼りにそっと忍び寄ると葉の上に姿があった。
鳴き始めて間もない頃は、下草の中にいる事が多い印象で葉上にいたのはちょっと意外だった。
キリギリス0711-1_1.jpg



















子供の頃は近所の河原にじいちゃんと玉ねぎでキリギリス釣りに行って、虫かごに入れてベランダに吊るして鳴き声を楽しんだ。
しかし今では、ベランダに吊るしていると鳴き声が近所迷惑と怒られそうで世知辛い世の中になってしまった。
キリギリス0711-2_1.jpg



















そんなキリギリスの声だが、もともとこの場所にはいなかった。
もう5年以上前になるだろうか、ある夏突然鳴き声が聞こえてきた。
恐らくこの声を聞きたいと誰かが放った国内外来種だ。
翅の長さ、翅の斑の多さ、発音器の大きさなどから「ヒガシキリギリス」と思われるが、DNA鑑定をしないと正確にはわからないだろう。
ここ数年、fieldでキリギリスの鳴き声に夏を感じるが、素直に喜べないのがとても残念だ。
キリギリス0711-3_1.jpg



















2019年7月11日 東京都 バッタ目キリギリス科 ヒガシキリギリス

nice!(0)  コメント(0) 

難しいムシヒキアブの仲間、サキグロムシヒキ他 [ハエ目]

今の時期、草地を歩くとブ~ンという大きな羽音が聞こえてくる。
知らなければハチかとびっくりするだろうが、ほとんどがムシヒキアブたちの仲間だ。
最も多く見られるのが、オスの腹端に白い毛束が目立つ「シオヤアブ」。
メスに白い毛束は無い。
シオヤアブ0710_1.jpg



















おおっ、また羽音、シオヤアブかと思ったが何かちょっと違う。
こちらは「サキグロムシヒキ」のオスのようだ。
脚全体と腹端が黒色で、脚先の一部と腹部が褐色なのが特徴。
サキグロムシヒキ0710-1_1.jpg



















この仲間、似たものがいるのでややこしい。
サキグロムシヒキ0710-2_1.jpg



















クワの木にクワカミキリがいないかと見ていたら、葉の陰に黒いものが。
獲物を捕らえた大きな「オオイシアブ」だった。
オオイシアブ0711-1_1.jpg



















いったい何を捕まえたのか、近づくとブ~ンと飛び去ってしまった。
残された獲物はオオスジコガネだった。
翅が開いていることから翅の合わせ目から柔らかい腹部に口吻を突き立てていたと思われる。
固い体を持つコガネムシの仲間にとって、その装甲が役に立たない恐ろしい敵だ。
オオイシアブ0711-2_1.jpg



















2019年7月10-11日 東京都 ハエ目ムシヒキアブ科 シオヤアブ、サキグロムシヒキ、オオイシアブ、コウチュウ目コガネムシ科 オオスジコガネ

nice!(1)  コメント(0) 

林縁にデビルウィング アヤヘリハネナガウンカ [カメムシ目]

湿地脇を歩いていると小川沿いの杭で見つけた。

まるであのデビルマンのデビルウイングのような翅。
体の何倍もあり背中のところがえぐれていてデザイン的にも美しい。
アヤヘリハネナガウンカ0710-1_1.jpg





























夏にススキの葉裏で見られる変顔で知られるアカハネナガウンカの仲間の「アヤヘリハネナガウンカ」だ。
近くで撮って見ると、さらに翅の美しさに驚いた。
縁の白、前縁の支脈の赤に紫色に輝く翅がとてもかっこいい!(写真をクリックするともう少し大きいサイズで見られます)
かなり近づいても微動だにしなかったので、生きているのかと指で突っつくとまるで瞬間移動のようなすごいスピードで飛び去っていった。
この翅、見掛けだけではない!
アヤヘリハネナガウンカ0710-2_1.jpg




















nice!(1)  コメント(4) 
前の10件 | -