So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

幻のコガネグモ、こんなところに 灯台下暗し [クモ目]

今までfieldでご本家のコガネグモを10年来探してきたが、見つけられないでいた。
ナガコガネグモ、チュウガタコガネグモ、まれにコガタコガネグモは見られるのだが・・・。
いやいやよく見かけるよという方もいるかもしれないが、この長きにわたり出会えなかった。

先日、職場のバックヤードで同僚が日本のクモ図鑑を持って何やら調べていた。
聞くと目の前にいるクモはコガネグモではないかと言う。
見ると確かに、今まで見たコガネグモたちとは異なり圧倒的な迫力と存在感だ。
コガネグモ0703-1_1.jpg



















図鑑と見比べてもまぎれもなく待望の「コガネグモ」だった。
今まで探してきたがこんなところにいたとは、まさに灯台下暗しだ。
左の2番目の脚が細く小さいので、何らかの事故で失い再生したと思われる。
東京都でも埼玉県でもレッドデータに記載されている種。
繁殖力は強いそうなのでここで子孫を増やしてくれれば嬉しいが、オスがいるかどうかは未確認だ。
コガネグモ0703-2_1.jpg



















2018年7月3日 東京都 クモ目コガネグモ科 コガネグモ

nice!(1)  コメント(2) 

美しい糸を纏う クモの卵のう [クモ目]

林縁の葉上で2つの黄色い色が目にとまった。
いったい何だろう?

色はわかるがその詳細が裸眼では全くわからないのが残念でしょうがない。

眼鏡をかけて見ると、黄色い糸に包まれた卵のうとそれに寄り添う腹部が黄色い大きさ1cm弱のクモだった。
調べると「ムツボシオニグモ」のよう。
オニグモの仲間は色々見てきたが、この種は初めてだった。
ムツボシオニグモ0612_1.jpg



















この卵のうを見て5月にビワの葉裏で見つけたものを思い出した。
白い糸のベースに赤い糸がかけられておそらくクモの卵のうだろうと思っていたが、先日fieldをご一緒した絵本作家の伊藤知紗さんから「ゲホウグモ」の卵のうだと教えていただいた。
コガネグモ科のゲホウグモは夜間に網を張り明け方には回収して、日中は木の幹や枝で脚を縮めこぶのような腹部の形状でなかなか見つからないらしい。

この2種とも卵のうの表面の黄色や赤の美しい糸は何の為なのだろうか?
まるで芸術作品のようだが、白い糸だけでは駄目ということか?

何らかの役割があるに違いないのだが・・・。
ゲホウグモ0511_1.jpg



















2018年5月11日、6月12日 東京都 クモ目コガネグモ科 ムツボシオニグモ、ゲホウグモ

nice!(0)  コメント(0) 

暖かそうなシェルター クモ [クモ目]

コナラの若木を見ていると、枝先に残った葉が陽の光できらりと光った。
見ると葉の表面に糸を張ったクモの巣。
中には緑色のクモがいた。
クモ1217-2_1.jpg



















クモの巣の多くは獲物を捕まえる目的で張られることが多いと思われるが、この巣はそうではないように思われる。
葉の表面を糸で覆って寒さをしのいでいるのだろうか。

今の時期こんな色のクモはワカバグモしか思い当らないが、丸い腹部が違うような・・・・。
もうちょっと詳しく見たいと葉に手が触れた瞬間、あっという間に落ちて風に飛ばされてしまった。
このクモには申し訳ないことをしたが、きっと大丈夫だろうと根拠のない安堵感を抱くのだった。
クモ1217-1_1.jpg



















2017年12月17日 東京都 クモ目

nice!(1)  コメント(2) 

夏の風物詩 トリフンの仲間たち [クモ目]

恒例の夏の葉裏のトリフン探し!
いつも見られるのは水辺に近いオギやススキの葉裏。
見付けたのは「シロオビトリノフンダマシ」。
名の通り腹部に白い帯があるのが特徴。
ちょっと怒った顔かな。
シロオビトリノフンダマシ0824_1.jpg



















ヨシの葉裏には「オオトリノフンダマシ」の卵のうがぶら下がっていた。
母グモは?と探してみるとすぐ上で卵のうを見守っていた。
オオトリノフンダマシ0824-1_1.jpg





























2017年8月24日 東京都 クモ目ナゲナワグモ科 シロオビトリノフンダマシ、オオトリノフンダマシ

nice!(0)  コメント(0) 

クモの糸、いやいや膜? [クモ目]

草の上に白いものが張り巡らされていた。
一見クモの糸と思われる。
クモの糸0728-1_1.jpg



















今までにも同様の物やそこにいるとても小さなクモを確認して調べたが、種がわからないでいる。
今回の物はなかなか広い範囲にわたっていた。
細い糸を紡いで薄い布のように仕上げてあった。
クモの糸0728-2_1.jpg



















こちらの部分は少し厚くて、まるでテントかタープを張ったようだ。
昨日から見られるようで、昨日は小さなクモがたくさんいたとの事だが今日は探せど見つからなかった。
さて、これは何のためのもの?獲物を狩るため?住まい?
作ったクモも目的も謎である!
ご存知の方がいらっしゃったらご教示願いたい。
クモの糸0728-3_1.jpg



















2017年7月28日 東京都 






















葉上の緑のクモに鮮やかな赤い卵? [クモ目]

里山の水辺を歩いていると葉上の赤色が目にとまった。
見るとそこにいたのは「ワカバグモ」のオス。
背中に赤いものをしょっている。
何だ?
ワカバグモの卵?、メスはオスの背中に産み付けるのか?
または何かが寄生した卵?
ワカバグモ0509-1_1.jpg






















今度は林縁の葉上でまた鮮やかな赤色が目に入った。
ワカバグモのメスの背中にも同じものが。
どうやらこのクモの卵ではなさそう。

帰って調べると、ワカバグモの体にとりついたタカラダニの1種のようだ。
ダニの図鑑を持ち合わせていないのでnetで見るとクモタカラダニというのがいるらしいが、net情報のみのため残念ながらその真偽のほどは定かではない。

クモにとっては大変迷惑だろうが、この緑と赤のコントラストはなかなか美しい。
寄生されたことでこのクモが死んでしまうのか?
詳しいことは判らない。
ワカバグモ0509-2_1.jpg






















2017年5月9日 東京都
クモ目カニグモ科 ワカバグモ    RICOH WG-4

ジョロウグモ 卵のう [クモ目]

数日前の健康診断前日に尻の持病が発症し、健康診断のバリウムは回避せざるを得なかった。
4日間の禁酒と毎日の風呂、座薬投入によりようやく症状はおさまり、まだ違和感は残るものの今日は久しぶりにアルコール。
ここ数年は年に1、2回あるかという程度だが、今回はかなりひどい状態でさすがにヤバイと思ったが何とか無事 事無きを得た。

初冬に樹皮で多く見られたジョロウグモの卵のうだが、今の時期すっかり見られなくなった。
シジュウカラやコゲラなどの鳥たちの餌食になっているものが多いと思われる。
サクラの幹に産み付けられた3個の卵のうは今でも無事だ。

寒さや鳥の捕食などを乗り越えた卵たち、今年も夏には立派な親となって大きな巣を張りこの林で自らが生きるとともに自然界においての役割を果たすのだろうが、私が雑木林を歩くのにはとても厄介な存在だ。
ジョロウグモ卵のう0222_1.jpg



















2017年2月22日 東京都
クモ目ジョロウグモ科 ジョロウグモ    CANON EOS50D SIGMA 17-70mmDC MACRO HCM /430EXⅡ

トリフン母さん 頑張るねぇ! [クモ目]

小川沿いのヨシの葉にぶら下がった丸っこいものを見つけた。
よく見ると3つ、トリノフンダマシの卵のうだ。
産んだ本人を探すと、見守っているのか卵のうを見下ろす葉裏に潜んでいた。

過去に見た最も多い卵のう数は4個
さて、これを上回ることが出来るかな?
トリノフンダマシ0915_1.jpg





























2016年9月15日 東京都
クモ目ナゲナワグモ科 トリノフンダマシ CANON EOS70D EF100mm F2.8L IS USM/430EXⅡ


松葉に変化 オナガグモ [クモ目]

林内を歩いていると、クモの糸がやたら顔にかかるようになった。
鬱陶しいので小枝を振り回して歩くがそれでも万全ではない。
最も嫌なのがジョロウグモの大きな網。
これにだけはかかりたくないので目配りが大変。

そんな事で目を凝らしていると暗闇に何やら蠢くものが。
オナガグモ0903-1_1.jpg



















長い脚と長い腹部、まるでエイリアンのようだがこれでもクモ。
樹間に粘性の無い糸を張り、その糸を伝わってくるクモを食べるクモ食い、大きさはメスで大きくて3cmほど。
オナガグモ0903-2_1.jpg



















見ていると右を向いたり左を向いたりと巧みに糸をさばきながら何かと忙しく動き回っている。
オナガグモ0903-3_1.jpg



















近づきすぎて警戒したのか、松葉のような待機ポーズに。
仲間のクモを捕まえた瞬間や食べているところをぜひ見てみたいなぁ。

こんな面白い形、生態の不思議なクモがいることを、いったいどれだけの人が知っているのだろうか?
オナガグモ0903-4_1.jpg



















2016年9月3日 埼玉県
クモ目ヒメグモ科 オナガグモ               CANON EOS70D EF100mm F2.8L IS USM/430EXⅡ

頑張った トリフン母さん [クモ目]

柚子の木でモズのハヤニエを探していたら目に入った、久しぶりに見るオオトリノフンダマシの卵嚢。
1つかと思いきや、いくつもが糸にぶら下がっている。
数えると全部で5つも。
オオトリノフンダマシ1204_1.jpg



























よく見ると棘の根元に恐らくこれらを産んだであろう母さんがいた。
緑の茎にずっといたからか、体が緑がかっている。
こんな色のオオトリノフンダマシは初めて見た。
オオトリノフンダマシ1204-1_1.jpg


















身体が萎んでしわしわなのはこれだけの卵嚢を産んだからだろう。
いつまでここで卵たちを見守っているのか。
日に日に寒さが増す中、もうそう長くはないと思われる。
お見事、よく頑張ったね!
オオトリノフンダマシ1204-2_1.jpg


















2015年12月4日 東京都
クモ目 ナゲナワグモ科 オオトリノフンダマシ       CANON  EOS70D EF100mm F2.8L IS USM